So-net無料ブログ作成

【海外】Mobility for Megacities: Audi AI:ME [車]

20190415 audi aime 01.jpg

AUDIは上海モーターショー2019において、AI:MEを公開すると発表した。

20190415 audi aime 02.jpg

ボディサイズは全長1900mm×全幅1900mm×全高1520mm、ホイールベース2770mm。
電気駆動システムの構造により、短いオーバーハングとセンタートンネルの無い広々とした室内を実現し、170psを発生する駆動ユニットはリアアクスルに搭載されている。

20190415 audi aime 03.jpg

市街地走行用に設計されたレベル4の自動運転機能を備え、高速道路や都市部など特定のエリアでは、ドライバーによる運転の補助は必要ない。

20190415 audi aime 04.jpg

エクステリアは六角形のシングルフレームグリルの上下を反転した形状で、アウディの電気自動車の象徴となっている。
ボディ構造は典型的なアウディスタイルとは異なる新しい試みを採用し、ドアは観音開きとなる。

20190415 audi aime 05.jpg

インテリアは自動運転機能を搭載したクルマの中で過ごす乗員の時間に焦点があてられ、ステアリングホイールなどの制御装置は格納することができ、格納スペースの表面はオープンポア仕上げのウォールナットウッドパネルで完全に覆われている。

20190415 audi aime 06.jpg

2人乗りを基本としてプラスαのスペースを活用できるように設計され、そのレイアウトはシートポジションと収納スペースの様々な構成によって変化する。

20190415 audi aime 07.jpg

通常はセパレートタイプのフロントシートのみを使用し、必要に応じてリアのベンチシートを利用することで最大4人まで乗車することが可能。

20190415 audi aime 08.jpg

コックピットカバーやフロントシート間の広いスペースは、マグネットがカップホルダーとして機能し、必要に応じて金属製のコップやプレートを保持することで、走行中にリラックスして食事を楽しむことができる。

20190415 audi aime 09.jpg

車と乗員のコミュニケーションや対話は、アイトラッキング、音声入力、ドアレールに設置されたタッチパッドを使って操作する。
フロントウィンドウ下部には、車両の全幅にわたって、3次元マルチファンクションOLEDモニターが設置され、主にアイトラッキングコントロール機能によって、車両とのやり取りが行える。
例えばナビゲーションやインフォテインメントといった機能は、目の動きで起動させることが可能。
その後、バックグランドから詳細な機能を設定するためのメニューが3Dモニター上に表示される。

20190415 audi aime 10.jpg

インフォテインメントシステムの映像を出力するVRゴーグルを標準装備し、乗員はVRゴーグルを使用してインターネットを閲覧したり、映画を見たり、対戦ゲームを楽しむことができる。

20190415 audi aime 11.jpg

フロントのLEDユニットとマイクロマトリクスプロジェクターは、容易に識別可能なシグナルを歩行者に送ることができる。
例えば歩行者に横断歩道を渡っても大丈夫だというサインを、道路や壁に投影することが可能で、この機能はドアの周辺部を照らして、乗員が安全に乗り降りできるようにしたり、車両の存在を示したりするためにも使用する。

20190415 audi aime 12.jpg

また他車からのシグナルを解釈し、必要に応じて自車のライティングテクノロジーでそれを増幅することによって、周囲にその状態を知らせる。
例えば前方を走行している車がハザードランプを点灯した場合、AI:MEはこの信号を検出して、それをプロジェクター及び車両のLEDユニットで増幅することによって、すべての道路ユーザーに危険を知らせることができる。

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。