So-net無料ブログ作成

【海外】Porsche 718 Spyder 718 Cayman GT4 [車]

20190618 porsche 718 01.jpg

Porscheは718 Spyderと718 Cayman GT4を発表した。

20190618 porsche 718 02.jpg

パワーユニットは4.0リッター水平対向6気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。
最古出力420ps//7600rpm、最大トルク42.8kgm/5000-6800rpmを発生。
部分的な負荷が掛かる状態で片側バンクのシリンダーが休止して燃費を低減するアダプティブシリンダーコントロールを採用。
それぞれが独立した燃料噴射を行うピエゾインジェクションをDFI高回転型エンジンに初搭載し、燃料噴射が5段階に分けられたことで燃焼プロセスが向上。
2つのレゾナンスバルブを備えた可変吸気システムにより、シリンダー内のガス交換が最適化される。
トランスミッションは6速MTを搭載
0-100km/h加速4.4秒、0-200km/h加速13.8秒、最高速度301km/h(718 Spyder)、304km/h(718 Cayman GT4)、燃費9.2km/L。

20190618 porsche 718 03.jpg

エアロダイナミクスの向上に新デザインのリアサイレンサーカバーが大きく寄与。
2本のサイレンサーがそれぞれアーチ状に独立したカバーを持つことで、リヤディフューザーのスペースが生まれ、718 Cayman GT4はのリアアクスル付近のダウンフォースは約30%向上。
固定式のリアウイング効果も向上し先代モデルと比較してダウンフォースは20%向上。
これにより200km/h走行時には12kgのダウンフォースが増えるという。
大型フロントリップスポイラーと前輪に沿って流れる空気を整えるエアカーテンが、空力バランス最適化する。

20190618 porsche 718 04.jpg

718 Spyderは550 Spyderや718 RS 60 Spyderなどのポルシェロードスターの系譜を引き継ぐモデル。
120km/h以上で自動的にそり上がるリアスポイラーを装備。
新デザインのリアディフューザーはリアアクスル付近に強力なダウンフォースを発生させる。

20190618 porsche 718 05.jpg

718 Cayman GT4GT4と共用化されたハイパフォーマンスGTシャシーにより、718 Spyderの運動性能は向上。
前後アクスルのスプリングストラットは軽量化され、モータースポーツからのテクノロジーをフィードバック。
シャシーをよりダイレクトにするためにボールジョイントが採用している。
ポルシェアクティブサスペンションマネージメント(PASM)により車高を30mmダウンさせ、コーナリング性能が向上。

20190618 porsche 718 06.jpg

ポルシェスタビリティーマネージメント(PSM)は、2段階で解除することが可能。
機械式リアディファレンシャルを備えたポルシェトルクベクタリング(PTV)は縦横方向のダイナミクスを強化し、コーナリング性能とドライビングプレジャーを向上。

20190618 porsche 718 07.jpg

ハイパフォーマンスブレーキシステムを装備しサーキット走行時でも安定したブレーキングを誇る。
オプションでポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)が選択可能。

20190618 porsche 718 08.jpg

718 Spyderはポルシェ専用設計のウルトラハイパフォーマンスタイヤを装備。
これはニュルブルクリンク北コースにて718 Cayman GT4が先代モデルと比較して、ラップタイムを10秒短縮した際に装着していたもの。

20190618 porsche 718 09.jpg

718 Cayman GT4にオプション設定されたクラブスポーツパッケージは、リアのロールバー、消火器、ドライバーシートの6点式シートベルトを装備する。

20190618 porsche 718 10.jpg

価格は718 Spyderが93,350ユーロ、718 Cayman GT4が96,206ユーロとなる。

*ドイツ語のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。