So-net無料ブログ作成

ソニーが35mmフルサイズ対応のEマウント大口径望遠単焦点レンズを発表 [製品]

20190227 sel135f18gm 01.jpg

ソニーは35mmフルサイズ対応のEマウントの大口径広角単焦点レンズを発表した。

20190227 sel135f18gm 02.jpg

こちらがFE 135mm F1.8 GMのSEL135F18GM。
2019年4月19日発売でメーカー希望小売価格は235,000円+税。
超高度非球面XA(extreme aspherical)レンズ、スーパーED(特殊低分散)ガラスなどを最適に配置した最新の光学設計で、開放F値1.8から画面全域で高解像を実現。
スーパーED(特殊低分散)ガラス1枚、ED(特殊低分散)ガラス1枚を最適に配置し、軸上色収差を良好に補正。シャープな描写を追求。
フローティングフォーカス機構の採用で、撮影距離による収差の変動を抑制。フォーカス全域での高い解像性能とともに、最短撮影距離0.7m、最大撮影倍率0.25倍の高い近接撮影能力を発揮。
ソニー独自のナノARコーティングがフレアやゴーストを抑制。コントラストが高く、黒がしまった、透明感のある高い描写性能。
大口径の超高度非球面XA(extreme aspherical)レンズが輪線ぼけを抑制し、設計・製造の両方で球面収差をコントロールすることで、美しいぼけ味を実現。
11枚羽根の円形絞りの採用で、開放から少し絞っても円形のぼけ描写を保持。
ソニー独自のXD(extreme dynamic)リニアモーターを4基搭載し、大口径レンズの大きく重いフォーカス群が高速・高精度に駆動。加えて、XDリニアモーターに最適化された制御アルゴリズムにより、静粛かつ低振動なAFを実現。
最新の光学設計とメインシャーシにマグネシウム合金を使うことで、軽量と堅牢性を両立。質量は約950gを達成。
フォーカスレンジリミッター、絞りリングおよびクリック切り換えスイッチを搭載し、カスタマイズ可能なフォーカスホールドボタンを2カ所配置することで縦位置撮影時にも対応するなど、高い操作性を実現。
マニュアルフォーカス時のリング操作には、回転角度に対してリニアなフォーカス移動が可能な応答性の高いリニア・レスポンスMFを採用。
防塵・防滴に配慮した設計やレンズ最前面にフッ素コーティングを施すなど、屋外の過酷な環境下での撮影にも耐える信頼性。
サイズは89.5mm×全長127.0mmで重量は約950g。
作例は下記の通り。

20190227 sel135f18gm 03.jpg

20190227 sel135f18gm 04.jpg

20190227 sel135f18gm 05.jpg

20190227 sel135f18gm 06.jpg

20190227 sel135f18gm 07.jpg

20190227 sel135f18gm 08.jpg

20190227 sel135f18gm 09.jpg

今後もレンズラインアップが拡大することを期待したい。


人気ブログランキングへ 
nice!(0)  コメント(0)