So-net無料ブログ作成

2018年年末年始の旅 2日目① [旅]

2018年末年始の旅2日目。
名護市内の宿に宿泊して4:00過ぎに起床する。
起床後はメールチェックなどをして、7:00過ぎに朝食に向かう。

20181229 年末年始の旅 01.jpg

朝食会場は隣の「山田荘」になる。

20181229 年末年始の旅 02.jpg

この日1番乗りかな。

20181229 年末年始の旅 03.jpg

半セルフサービスのスタイル。

20181229 年末年始の旅 04.jpg

部屋番号を伝えると基本のセットが渡される。
ポーク、野菜、味付け海苔が並んでいる。

20181229 年末年始の旅 05.jpg

豆腐、納豆、漬物が並んでいるのでトレーにのせていく。

20181229 年末年始の旅 06.jpg

ご飯とみそ汁はセルフ。
普段朝食はいただかないのだが、この日は嘉津宇岳と古巣岳に登るの予定なので、しっかりといただく。

20181229 年末年始の旅 07.jpg

宿には連泊するので、必要な装備だけ持って9:30頃出発。
出発時の天候は曇りだが、雨は降らないで欲しい。

20181229 年末年始の旅 08.jpg

R58を北上する。

20181229 年末年始の旅 09.jpg

山並みが見えてきた。

20181229 年末年始の旅 10.jpg

嘉津宇岳入口を右折する。

20181229 年末年始の旅 11.jpg

グングン登っていく。

20181229 年末年始の旅 12.jpg

目の前に嘉津宇岳が迫ってきた。
嘉津宇岳入口を右折する。

20181229 年末年始の旅 13.jpg

やんばるの森っぽい感じがしてきた。

20181229 年末年始の旅 14.jpg

登山口駐車場に到着。
かなり広めの駐車場。

20181229 年末年始の旅 15.jpg

トイレ

20181229 年末年始の旅 16.jpg

展望台

20181229 年末年始の旅 17.jpg

展望台からは名護湾が眺められる。

20181229 年末年始の旅 18.jpg

展望台の標高は270mなので、嘉津宇岳山頂まで180mほど登ることになる。

20181229 年末年始の旅 19.jpg

準備をして9:52頃登山開始。

20181229 年末年始の旅 20.jpg

最初は階段状の山道を登る。

20181229 年末年始の旅 21.jpg

続いて露出する岩を登っていく。
結構きつい登り。

20181229 年末年始の旅 22.jpg

10分ほど登るとフラットになりホッとする。

20181229 年末年始の旅 23.jpg

ところが再び岩が露出する。

20181229 年末年始の旅 24.jpg

カルスト特有の鋭い岩。
転んだりするとダメージが大きそう。

20181229 年末年始の旅 25.jpg

25分ほど登ると先が明るくなってくる。

20181229 年末年始の旅 26.jpg

そして10:20頃、嘉津宇岳(452m)登頂。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

2018年年末年始の旅 1日目② [旅]

2018年末年始の旅。
羽田を早朝に出発して那覇に到着。

20181228 年末年始の旅 29.jpg

レンタカーの手続きを完了して、12:00頃出発する。

20181228 年末年始の旅 31.jpg

まずは沖縄そばをいただきにレンタカーを走らせる。

20181228 年末年始の旅 32.jpg

先ほど来た那覇空港方面に向かうのだが、道路は渋滞している。

20181228 年末年始の旅 33.jpg

ところでこのNissan Noteなのだが、乗ってみてまず気付いたのが視認性の悪さ。
サイドミラーの視認性悪く、妙に傾けられたAピラー。
傾けられたAピラーはかなり前方に寄っていて、フロントガラスにダッシュボードが写り込んでしまい、左方向がよく見えない。
ダッシュボードにあるエアコンの吹き出し口やビス止めの跡などがフロントガラスに写り込み、運転中常に視界に入ってきてしまい、前方視界の妨げになっている。
ピラーはアイボリーカラーのため、グレーのダッシュボードよりもさらに映り込みが激しく、コーナーリング時の左右の見通しが悪くなっている。
意味不明のフロントの三角の窓など、どういう理由でデザインされたのだろう。
フロントガラスへの写り込みは、購入してからスクラップにするまでずっと付きまとうもの。
この車をデザインした人は、このことについてどう考えているのだろうか。
というか、考えていないからこうなっているのだろう。

20180707 suzuki jimny 38.jpg

こちら以前試乗したSuzuki Jimny。
Aピラーは切り立っていて視界良好。
大きく見やすいサイドミラーに前後下を見るサイドアンダーミラーが装着され、それらが見やすいようなドア形状になっていて、まったく無駄のないデザイン。

20181228 年末年始の旅 34.jpg

リアの三角窓も視界が悪い。
なぜ、もっと広い視界を確保しないのか。
左車線に移る際、左後方を確認するのだが、肝心な左後方がよく見えない。
そして本来あるはずないシートベルト取り付け部が、後方を確認した際に影となり、後方に他の車があるように見えてしまい、左車線に移動するたびにヒヤッとしてしまう。
そしてリアドアまでがグレー、三角窓付近はアイボリーなので、リアを目視するたびにそのコントラストの差にすぐに目が慣れず、結果的に後方確認に遅れが出てしまう。
デザインとは機能のパッケージングであり、デザイナーと呼ばれる人達の意味のない遊びに付き合わされるのはとっても苦痛。

20181228 年末年始の旅 35.jpg

さてR58からそばをいただきに「浜屋」に向かう。

20181228 浜屋 01.jpg

「浜屋」には13:00過ぎに到着。

20181228 浜屋 05.jpg

ここでゆしどうふそば(550円)をいただく。

20181228 年末年始の旅 36.jpg

食後はR58を北上。
南国らしい街路樹が並ぶ。

20181228 年末年始の旅 37.jpg

前方に海が見えてきた。
この辺りで睡魔に襲われる。

20181228 年末年始の旅 38.jpg

時間に余裕があるので、みゆきビーチ手前のパーキングで50分ほど仮眠する。

20181228 年末年始の旅 39.jpg

再出発して、この日宿泊する名護に入る。

20181228 年末年始の旅 40.jpg

宿に向けて84号線に入る。

20181228 年末年始の旅 41.jpg

宿に到着する前に「サンエー 東江ショッピングタウン」で買い物をする。

20181228 年末年始の旅 42.jpg

沖縄らしく豆腐関係が充実。

20181228 年末年始の旅 43.jpg

こちらは沖縄そば関係。

20181228 年末年始の旅 44.jpg

沖縄では箱買いされるというシー〇キンは、御年賀用も山積みされている。

20181228 年末年始の旅 45.jpg

さてここでビールを選択。
もちろんオリオンビールなのだが、2019 限定醸造のいちばん桜を選択。
もう桜とはさすが沖縄。

20181228 年末年始の旅 46.jpg

こちらでおつまみと土産を選択。
ビール6缶、おつまみ、土産でお会計は2,901円。

20181228 年末年始の旅 47.jpg

買い物を終え宿に向かう途中に、あなだ橋に大きなガジュマルの樹を発見。
ひんぷんガジュマルというらしい。

20181228 年末年始の旅 48.jpg

設置されてる石碑三府龍脈碑がひんぷんに似ているため、この名前になったという。

20181228 年末年始の旅 49.jpg

樹齢は280年から300年、樹高19m、幹周囲10m、樹冠30m。
1956年沖縄県の天然記念物に、1997年国の天然記念物に指定された。
周辺に以前の写真が掲示されていたので見てみる。

20181228 年末年始の旅 50.jpg

1924年頃

20181228 年末年始の旅 51.jpg

1949年頃

20181228 年末年始の旅 52.jpg

1989年頃

20181228 年末年始の旅 53.jpg

さてひんぷんガジュマルの隣に、持ち帰り可能なお好み焼きの店を発見。
後で来てみようかな。

20181228 年末年始の旅 54.jpg

本日の宿「名護ビジネスホテルには16:30頃到着。

20181228 年末年始の旅 55.jpg

日本庭園的なエントランス。

20181228 年末年始の旅 56.jpg

池には立派な鯉が泳いでる。

20181228 年末年始の旅 57.jpg

フロントに行くと、チェックインは向かいの「ホテル山田荘」になるとある。
「ホテル山田荘」でチェックイン完了。
料金は1泊目が朝食付きで5,300円、2泊目が素泊まりで4,800円。

20181228 年末年始の旅 58.jpg

「名護ビジネスホテルには」に戻ると、フロント付近に電子レンジ発見。
お好み焼きを持ち帰って、温め直すことが可能。

20181228 年末年始の旅 59.jpg

ソフトドリンク系の自販機。
料金は普通。

20181228 年末年始の旅 60.jpg

3Fに向かう。
エレベーターはないが問題なし。

20181228 年末年始の旅 61.jpg

部屋に入る。

20181228 年末年始の旅 62.jpg

シンプルなベッド

20181228 年末年始の旅 63.jpg

液晶テレビと浴衣類

20181228 年末年始の旅 64.jpg

テーブルと冷蔵庫

20181228 年末年始の旅 65.jpg

トイレとシャワー
バスタブはないが問題なし。

20181228 年末年始の旅 66.jpg

外の景色

20181228 年末年始の旅 67.jpg

こちらが本日購入した品。

20181228 年末年始の旅 68.jpg

さて部屋でメールチェックなどして、18:00過ぎから付近の店を散策しに出かける。

20181228 年末年始の旅 69.jpg

19:00近くになるというのに、メインストリート付近に人は少ない。
そのせいか店頭のメニューを見ると、格安に飲める感じ。

20181228 味ノ坊 01.jpg

外飲みしようか少し考えたが部屋で飲みたかったので、昼間見つけた「味ノ坊」で持ち帰り。

20181228 味ノ坊 05.jpg

豚焼きそば(630円)イカ焼き(280円)をビールといただく。
ところで限定醸造のいちばん桜だが、今イチ私に合わなかった。
ノーマルのオリオンビールの方がよかったかな。
夜は少し冷えてきたので、エアコンをつける。
そして翌日の登山に備え、10:00過ぎに就寝した。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)