So-net無料ブログ作成

【海外】20 Jahre Porsche 911 GT3 [車]

20190807 porsche 911 gt3 01.jpg

Porsche 911 GT3誕生から20年。

20190807 porsche 911 gt3 02.jpg

1999年3月のジュネーブモーターショーにおいて発表された初代911 GT3は、これまでの911とは異なり、ポルシェモータースポーツ直系モデル。
WRC世界ラリー選手権で2度チャンピオンとなったドライバーWalter Röhrl、レースエンジニアのRoland Kussmaul、ヴァイザッハのポルシェモータースポーツスペシャリスト達によって開発された。
それ以来、各世代においてより速く、より正確に、よりダイナミックに進化。
自然吸気エンジン、マニュアルトランスミッション、後輪駆動など最もピュアで、最も人気がある911シリーズ。

20190807 porsche 911 gt3 03.jpg

レースバージョンの911 GT3にはモータースポーツの歴史が刻まれている。
GT3は様々なクラスでの無数の勝利に加え、スパ24時間耐久、デイトナ24時間耐久、ニュルブルクリンク24時間耐久など、世界の主要な耐久レースで数々の総合優勝を獲得し、2000年以降7回優勝している。

20190807 porsche 911 gt3 04.jpg

911 GT3の成功の秘訣は、モータースポーツの経験と革新が、常に次のロードバージョンの開発に生かされること。
これまでに生産された911 GT3の約80%がサーキットで使われているという。

20190807 porsche 911 gt3 05.jpg

1999年に発表された初代911 GT3(996.1)は、1970年代の伝説的な911 Carrera RS 2.7の伝統を受け継いたモデル。
このモデルには初めてレーススポーツを意味するRSの代わりに、レースバージョンが参戦するGTクラスを意識してGT3と名付けられた。
ジュネーブモーターショーでのデビュー前にWalter Röhrl氏によって、ニュルブルクリンク北コースで8分以下という新記録を達成している。
ヴァイザッハで生産が開始された911 GT3は、モータースポーツのホモロゲーションベースとして911 GT3カップが行われ、さらにハイスペックな911 GT3 Rや911 GT3 RSRは、その後GTレースで素晴らしい結果を残すことになった。

20190807 porsche 911 gt3 06.jpg

パワーユニットは水冷3.6リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。
最高出力360ps/7200rpm、最大トルク37.6kgm/5000rpmを発生。

20190807 porsche 911 gt3 07.jpg

特徴的な固定式リヤウイングを装備し、オプションでロールケージを含むクラブスポーツ仕様を選択することが可能。

20190807 porsche 911 gt3 08.jpg

卓越したパフォーマンスは、レースで実証されたボクサーエンジンだけでなく、パッケージ全体の最適化により実現。
車高は30mm下げられ、ブレーキ性能を強化、911 GT2譲りの6速マニュアルトランスミッションを採用。
ギヤ比、アクスルジオメトリー、スタビライザー、スプリングなどは、サーキットのコンディションに合わせて変更可能。

20190807 porsche 911 gt3 09.jpg

2003年に発表された2代目911 GT3(996.2)は、可変カムシャフト調整システムなどを採用。
パワーユニットは水冷3.6リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。
最高出力381ps/7400rpm、最大トルク39.2kgm/5500rpmを発生。
このモデルよりポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)がオプションで選択可能となる。

20190807 porsche 911 gt3 10.jpg

2006年に発表された3代目911 GT3(997.1)は、ポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)を初採用。
パワーユニットは水冷3.6リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。
最高出力415ps/7600rpm、最大トルク41.3kgm/5500rpmを発生。

20190807 porsche 911 gt3 11.jpg

2009年に発表された4代目911 GT3(997.2)は、排気量を3.8リッターに拡大。
パワーユニットは水冷3.8リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。
最高出力435ps/7600rpm、最大トルク43.8kgm/5500rpmを発生。
完全新設計されたリヤウイングとフルアンダーボディパネルの採用により、先代モデルと比較してダウンフォースレベルは2倍以上に増加。

20190807 porsche 911 gt3 12.jpg

2013年に発表された5代目911 GT3(991.1)は、911の50周年を記念してジュネーブモーターショーにおいて発表。
パワーユニットは水冷3.8リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。
最高出力475ps/8250rpm、最大トルク44.8kgm/6250rpmを発生。

20190807 porsche 911 gt3 13.jpg

エンジン、トランスミッション、ボディ、シャシーは全て新しくなり、トランスミッションは7速PDKを初採用。
4WSのリアアクスルステアリングが初めて導入され、ニュルブルクリンクの北コースで、7分25秒をマーク。
これは1999年の初代911 GT3と比較して、30秒以上速いタイムであった。

20190807 porsche 911 gt3 14.jpg

2017年に発表された6代目911 GT3(991.2)は、排気量を4.0リッターに拡大。
パワーユニットは水冷4.0リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。
最高出力500ps/8250rpm、最大トルク46.9kgm/6250rpmを発生。
トランスミッションはPDKに加え、6速MTが選択可能となった。

20190807 porsche 911 gt3 15.jpg

固定式リヤウイングがオートスポイラーに変更された、ツーリングパッケージも用意された。
ツーリングパッケージという名称は、1970年代の911 Carrera RS 2.7のマイルド版に使用されていたものだという。

20190807 porsche 911 gt3 16.jpg

*ドイツ語のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)