So-net無料ブログ作成

【国内】新型 Mercedes-AMG A35 4MATICを発表 [車]

20190827 amg a35 4matic 01.jpg

メルセデスベンツ日本株式会社は新型AMG A35 4MATICを発表した。

20180919 amg a35 02.jpg

エクステリアはフロントにAMG特有のツインブレードを備えたフロントグリルを採用。
専用のシルバークロームのフロントスプリッターや左右エアインテーク部にはシルバークロームの水平フィンが2本ずつあしらわれ、その外側にフリックが採用されている。

20180919 amg a35 04.jpg

リアはルーフスポイラーが装着され、専用デザインの大型リアディフューザーとクローム仕上げで円形のデュアルエグゾーストエンドを採用。

20180919 amg a35 05.jpg

インテリアは3つのAMGディスプレイスタイルを備えたMBUXインフォテインメントシステムを採用。

20180919 amg a35 08.jpg

シートはヘッドレストとバックレストが一体化したセミバケットタイプなデザイン。
AMGパフォーマンスパッケージを選択することでサイドサポートが高く、メルセデスAMGのトップモデルに採用されるAMGパフォーマンスシートが装備される。

20180919 amg a35 06.jpg

パワーユニットは2.0リッター直列4気筒ツインターボガソリンエンジンを搭載。
最高出力306ps/5800-6100rpm、最大トルク40.8kgm/3000-4000rpmを発生。

20180919 amg a35 07.jpg

トランスミッションは7速デュアルクラッチのAMGスピードシフトDCT7Gを採用。
全速度域でのきわめて自然な加速性能に加え、素早いシフトとシフトアップ時の最適なギアのつながりが得られるようにセッティングされ、俊敏、かつダイナミックで気持ちの良い加減速を実現している。

20180919 amg a35 03.jpg

エグゾーストシステムには自動制御のフラップを装備し、選択したドライブモードに応じてバランスの 取れた音色から、ドライバーの感性を刺激するモータースポーツ譲りのエグゾーストサウンドまで切り替えを行うことができる。

20180919 amg a35 09.jpg

パフォーマンス志向のトルク可変配分四輪駆動AMG 4MATICを採用。
トルクの前後配分はハンドリングに何が要求されているかに応じて連続可変制御され、フロントリアのトルク配分比は、100:0から50:50までの範囲で変化する。

20180919 amg a35 10.jpg

ドライビングモードはスリップリー、コンフォート、スポーツ、スポーツブラス、インディビデュアルの5種類。
各ドライブモードでは、エンジン、トランスミッション、サスペンション、エグゾースト、ステアリングの制御が変更可能な他、各モードに自動選択されるベーシック、アドバンストの2つのAMG DYNAMICSのモードがあり、ESPの制御を変化させる。

20180919 amg a35 11.jpg

AMGトラックペースを装備し、サーキット走行時に80件以上の車両データ(車速、加速度など)を常時記録することが可能で、ラップタイムと区間タイムの表示や、それぞれの基準タイムからの差を表示する機能も備えている。

20180919 amg a35 12.jpg

サーキットで何周か走り込んだ後はそのデータをもとに運転スキルを分析し、必要に応じて改善に役立てることができ、加減速の値(0-100km/h、1/4マイル、100-0km/hなど)の測定と保存も可能。

20190827 amg a35 4matic 02.jpg

発表記念特別仕様車として、19インチAMGマルチスポークアルミホイール、専用のAMGパフォーマンスシート、AMGロゴが入り専用トリム、EDITIONロゴ入りAMGパフォーマンスステアリング、AMGアドバンスドパッケージ、AMG RIDE CONTROLサスペンションなどを装備したEdition1も合わせて発表された。

価格は下記の通りとなる。
AMG A35 4MATIC:628万円
AMG A35 4MATIC Edition1:743万円


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)