So-net無料ブログ作成

【海外】Der neue 911 Carrera 4 als Coupe und Cabriolet [車]

20190910 porsche 911 carrera 4 01.jpg

Porscheはフランクフルトモーターショー2019において、911 Carrera 4 Coupe/911 Carrera 4 Cabrioletを発表した。

20190910 porsche 911 carrera 4 02.jpg

パワーユニットは3.0リッター水平対向6気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。
最高出力385ps/6500rpm、最大トルク45.9kgm/1950-5000rpmを発生。
トランスミッションは8速PDKデュアルクラッチトランスミッションで、駆動方式は四輪駆動。
0-100km/h加速4.2秒(911 Carrera 4 Coupe)、4.4秒(911 Carrera 4 Cabriolet)、スポーツクロノパッケージはそれぞれ0.2秒短縮、最高速度291km/h(911 Carrera 4 Coupe)、289km/h(911 Carrera 4 Cabriolet)。

20190910 porsche 911 carrera 4 03.jpg

フロントアクスルを駆動することでパフォーマンスは向上。
クラッチとデファレンシャルギアは水冷式となり、負荷容量と耐久性を向上。
クラッチに掛かるトルクの微調整が可能となり、フロントアクスルのパフォーマンスが向上している。
ポルシェトラクションマネージメント(PTM)が、あらゆる路面状況で更なるトラクションを確保する。

20190910 porsche 911 carrera 4 04.jpg

濡れた路面での安全走行をサポートするウェットモードを装備。
フロントホイールアーチのセンサーが路面の濡れを検知し、シグナルによりドライバーに通知する。
ドライバーがウェットモードをアクティブにすると、ポルシェスタビリティマネジメント(PSM)とポルシェトラクションマネジメント(PTM)などが調整され、最大限の走行安定性が確保される。

20190910 porsche 911 carrera 4 05.jpg

足回りはフロント19インチで235/40ZR19タイヤ、リアは20インチで295/35ZR20タイヤを装備。
オプションでフロント20インチ、リア21インチが選択可能。
ポルシェアクティブサスペンションマネージメント(PASM)、ノーマルモードかスポーツモードが選べる可変式電子制御ダンパーを装備。
オプションで完全可変式の電子制御リミテッドスリップデフギアのポルシェトルクベクタリング(PTV)が選択可能となる。

*ドイツ語のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】The BMW Concept 4 [車]

20190910 bmw concept 4 01.jpg

BMWはフランクフルトモーターショー2019において、Concept 4を発表した。

20190910 bmw concept 4 02.jpg

BMWのアイデンティティのキドニーグリルは、縦に大型化されたデザインを採用。
かつての328や3.0 CSiなどの伝説的なクラシックモデルを参考にし、BMWクーペモデルの長い歴史と成功の歴史にスポットを当てているという。

20190910 bmw concept 4 03.jpg

キドニーグリル内は鏡面仕上げのクリスタルを採用した水平のエレメントの奥に、数字の4をモチーフにしたメッシュデザインが施され、連続するこの数字のパターンが左右の特徴的なエアインテークへと繋がるようなイメージになっている。

20190910 bmw concept 4 04.jpg

スリムなツインヘッドライトは、レーザーライトを備えたLEDヘッドライト。

20190910 bmw concept 4 05.jpg

ミラーはアルミニウム光沢仕上げのウェザーストリップミラー。

20190910 bmw concept 4 06.jpg

ホイールは立体デザインの5スポークデザイン21インチライトアロイホイール。

20190910 bmw concept 4 07.jpg

伸びやかなルーフライン、逞しいショルダーライン、スリムで立体的なテールライト、ブラック仕上げのディフューザーを採用。

20190910 bmw concept 4 08.jpg

ボディカラーは5層コートのフォービドゥンレッドは、ボディの鮮やかさを演出している。

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】The new BMW X5 Protection VR6 [車]

20190910 bmw x5 protection vr6 01.jpg

BMWはフランクフルトモーターショー2019において、X5 Protection VR6を発表した。

20190910 bmw x5 protection vr6 02.jpg

BMWは40年以上に渡ってセキュリティビークルを開発してきていて、さまざまなタイプの銃器、鈍器、爆発物などから乗員を保護するため、車両の開発段階からボディジョイント部などの潜在的な弱点に対し効果的な保護対策が施され、国際的に認められた防弾装甲規格の「VPAM」公式テスト基準に従って、レジスタンスクラスVR6の要件を満たしている。

20190910 bmw x5 protection vr6 03.jpg

フロントは厚さ33mmの多層フロントガラス、キャビンとラゲッジスペースの間にはポリカーボネートパーティションが装備され、リアからの兵器による攻撃に対応する。
ドアの隙間やボディジョイント部、ボディパネルとガラスの間などはしっかりと密封された。

20190910 bmw x5 protection vr6 04.jpg

アムールメッキのボディワークと防弾ガラスの組み合せにより、最も一般的に使用されている自動小銃「AK-47」による口径7.62×39mm弾による攻撃や、4m先の15kgのTNT爆弾の衝撃に耐えられる。
爆発後も全ての窓はしっかりと固定されているため、窓ガラスと本体の間に隙間は発生しない。
アーマーメッキの床は「DM51」タイプの手榴弾の衝撃に耐える保護性能を持つ。
オプションで「HG85」タイプの手榴弾の衝撃に耐える、繊維複合材料を含む強化されたアンダーボディ補強が選択可能。
さらに特別オプションで、ドローンから放たれる「DTG5」カテゴリー最大200gのC4爆薬の衝撃に耐える装甲仕様のルーフが選択可能。

20190910 bmw x5 protection vr6 05.jpg

セルフシール燃料タンクは、特殊な被覆により燃料の流出を防ぐため、攻撃を受けた後に燃料タンクは自動的に閉じられる。
タイヤはサイドウォールが強化されたランフラットタイヤで、タイヤの空気圧が完全に失われた後でも、走行を続けることができる。

20190910 bmw x5 protection vr6 06.jpg

高強度鋼で作られた成形部品をドア、サイドフレーム、ルーフなどに使用し、アルミ製のアンダーボディシールド、ラゲッジコンパートメントのパーティション、セキュリティグレージングを装備。

20190910 bmw x5 protection vr6 07.jpg

フロントの窓の開口部の高さを約10cmに制限して、外部との通信や分書の交換を可能とし、大きな物体が車両に入ることを防ぐ。

20190910 bmw x5 protection vr6 08.jpg

インターホンと攻撃アラームシステムを装備し、インターホンはドアや窓を開けることなく、外部とコミュニケーションが取れる。
そのためドアミラー一体型マイク、外部スピーカー、ルーフライナーのハンズフリーマイク、内部スピーカーなどを装備。
攻撃アラームシステムは、ボタンを押すとドアが自動的にロックされ、ドライバー側とパッセンジャー側の窓が閉められ、アラームが作動する。
セレクターレバーの前に、操作用のスイッチパネルが追加されている。

20190910 bmw x5 protection vr6 09.jpg

パワーユニットは直噴4.4リッターV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。
最高出力530ps/5500-6000rpm、最大トルク76.5kgm/1800-4600rpmを発生。
トランスミッションは8速ステップトロニックで、駆動方式は四輪駆動のxDrive。
0-100km/h加速5.9秒、最高速度210km/h(リミッター作動)。

20190910 bmw x5 protection vr6 10.jpg

フロントリアのフラッシャー、ルーフのライトビーコン、デジタルラジオ用きルーフアンテナ、ペナントホルダーなども装備することができる。

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】The all-new Audi RS 7 Sportback [車]

20190910 audi rs7 01.jpg

AUDIは新型RS 7 Sportbackを発表した。

20190910 audi rs7 02.jpg

エクステリアはワイドでフラットなシングルフレームグリル、RS専用の立体的ハニカム構造のラジエーターグリル、大型フロントエアインレット、グロスブラックの垂直フィン、ブラックインレイを備えたRS専用のドアシルを採用。
LEDヘッドライトを装備し、オプションでRSマトリクスLEDレーザーヘッドライトが選択可能。

20190910 audi rs7 03.jpg

リアはRS専用バンパーの左右にクロームカラーの大径オーバルテールパイプ、リヤディフューザー、グロスブラックのデザインエレメントが入り、100km/hを超えるとテールゲートからスポイラーが展開する。

20190910 audi rs7 04.jpg

足回りは10スポークスターデザインの21インチ鋳造アルミホイールと275/35R21タイヤを装備。
オプションで22インチ5Vスポークデザインアルミホイールと285/30R22タイヤが選択可能。
ブレーキはドリルド加工されたベンチレーテッドディスクで、直径はフロント420mm、リア370mm。
RSブレーキシステムのキャリパーカラーは、ブラックが標準でオプションでレッドが選択可能。
オプションのRSセラミックブレーキを装着した場合、キャリパーはグレー、レッド、ブルーから選択可能で、セラミックディスクの直径はフロント440mm、リア370mmとなりスチール製ディスクと比較して34kgの軽量化が図れる。

20190910 audi rs7 05.jpg

インテリアは上部に設置されたMMIタッチレスポンスのディスプレイ、RSアルミニウムシフトパドルを備えたフラットボトムのRSスポーツレザーステアリングホイール、RSスポーツシートなどを装備。

20190910 audi rs7 06.jpg

RSスポーツレザーステアリングホイールのマルチファンクションボタンにより、アウディドライブセレクトのRS1およびRS2モードを有効にすることが可能。
これらのモードを有効にすると、アウディバーチャルコックピットのRS専用ディスプレイが自動的に表示される。
ステアリングホイール、シート、照明付きフロントドアシルトリムには、RSおよびRS 7のロゴが配置される。

20190910 audi rs7 07.jpg

RSモニターディスプレイには駆動システムコンポーネントの温度、最大Gフォース、タイヤ空気圧や温度などの情報を呼び出すことが可能で、アウディバーチャルコックピットを使用して、タイヤ空気圧、トルク、パフォーマンス、油温、ブースト圧、ラップタイム、加速、Gフォースの詳細情報を提供する。
シフトインジケーターは、レブリミットに到達した場合、ドライバーにシフトアップを促す。
リアシートは2人乗り、3人乗りが選択可能。
ラゲージスペースは標準で535L、リアシートを倒すと最大1390Lに拡大する。

20190910 audi rs7 08.jpg

パワーユニットは4.0リッターV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。
最高出力600ps/6000-6250rpm、最大トルク81.6kgm/2050-4500rpmを発生。
0-100km/h加速3.6秒、最高速度250km/h(リミッター作動)、280km/h(ダイナミックパッケージ)、305km/h(ダイナミックプラスパッケージ)。
トランスミッションは8速ティプトロニックトランスミッションで、駆動方式は四輪駆動のquattro。

20190910 audi rs7 09.jpg

48Vの主電源システムを備えたマイルドハイブリッドシステム(MHEV)を採用。
ベルト駆動式オルタネータースターターは、減速時に最大12kWの電力を回生し、リチウムイオンバッテリーに供給。
55〜160km/hの速度範囲でドライバーがアクセルペダルから足を離すと、エネルギーを回生するかエンジンを停止した状態でコースティング(惰性走行)を行い、100km走行あたり最大0.8L燃料消費量を削減する。

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】The Audi A7 Sportback 55 TFSI e quattro [車]

20190909 audi a7 sportback 01.jpg

AUDIはプラグインハイブリッドモデルのA7 Sportback 55 TFSI e quattroを発表した。

20190909 audi a7 sportback 02.jpg

パワーユニットは2.0リッター直列4気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。
最高出力252ps/5000-6000rpm、最大トルク37.7kgm/1600-4500rpmを発生。
モーターは最高出力142.8ps、最大トルク35.7kgmを発生。
システム合計で最高出力3678ps、最大トルク51.0kgmを発生。
トランスミッションは7速Sトロニック、駆動方式は四輪駆動のquattro。
0-100km/h加速5.7秒、最高速度250m/h、EV走行時の最高速度135km/h、航続距離(WLTPテストサイクル)40km。

20190909 audi a7 sportback 03.jpg

14.1Whのリチウムイオンバッテリーはラゲッジスペース下部に設置され、フル充電までは400Vの高速受電で2時間30分、家庭用の230Vで7時間。
走行モードはEV mode、Battery Hold mode、Hybrid modeの3種類で、デフォルトはEV mode。
予測運転マネジメントにより、モーター、リチウムイオンバッテリー、エンジンをマネジメント、ルート最後の都市部のみを電気的に駆動し、バッテリーがほぼ空の状態で目的地に到着するように制御する。
町に近づくとバッテリーを充電し、最後の都市部を電動で運転できるようにするので、都心部ではゼロエミッション走行が可能となる。

20190909 audi a7 sportback 04.jpg

Audi e-tronチャージサービスは欧米10,000以上の充電ポイントの情報を提供、myAudiアプリはバッテリーの状態をチェックして表示、ナビゲーションに充電スポットを表示させる。

20190909 audi a7 sportback 05.jpg

ドイツでの価格は77.850ユーロからで、2019年の第3四半期からデリバリーされるという。

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】Mercedes-Benz GLE350de 4MATIC and GLC300e 4MATIC [車]

20190909 benz glf glc 01.jpg

Mercedes-BenzはGLE350de 4MATIC/GLC300e 4MATICを発表した。

20190909 benz glf glc 02.jpg

GLE350de 4MATICのパワーユニットは2.0リッター直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載。
最高出力194ps/3800rpm、最大トルク40.8kgm/1600-2800rpmを発生。
モーターは最高出力136ps、最大トルク44.8kgmを発生。
システム全体で最高出力320ps、最大トルク71.4kgmを発生。
トランスミッションは9G-トロニック、駆動方式は四輪駆動の4MATIC。。
0-100km/h加速6.8秒、最高速度210km/h、EV走行時の最高速度160km/h以上、航続距離(WLTPテストサイクル)90~99km。
31.2kWhのリチウムイオンバッテリーは急速充電時に0~100%は60分、10~80%は20分、10~100%は30分ほどで充電が可能。

20190909 benz glf glc 03.jpg

GLC300e 4MATICのパワーユニットは2.0リッター直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。
最高出力211ps/5000rpm、最大トルク35.7kgm/1200-4000rpmを発生。
モーターは最高出力136ps、最大トルク44.8kgmを発生。
システム全体で最高出力320ps、最大トルク71.4kgmを発生。
トランスミッションは9G-トロニック、駆動方式は四輪駆動の4MATIC。。
0-100km/h加速5.7秒、最高速度230km/h、EV走行時の最高速度130km/h以上、航続距離(WLTPテストサイクル)39~43km。

20190909 benz glf glc 04.jpg

Mercedes me Chargeを介して、欧州で300を超えるさまざまなオペレーター(市町村、駐車場、高速道路、ショッピングセンターなど)の世界最大の充電ネットワークにアクセスできる。
ナビゲーションシステムとの連携により、充電ステーションを簡単に見つけることができ、Mercedes meのチャージカードやアプリを利用して、充電ステーションにアクセス可能となる。

20190909 benz glf glc 05.jpg

Mercedes-Benは2019年末までに10モデル以上、2020年に20モデル以上のプラグインハイブリッドモデルをリリースするという。

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】The new Audi A5 [車]

20190906 audi a5 01.jpg

AUDIはマイナーチェンジしたA5を発表した。

20190906 audi a5 02.jpg

エクステリアはフロントにワイド化したシングルフレームグリル、1984年のAudi Sport quattroを連想するグリル上のスリット、大型化したエアインテーク付きフロントバンパーを採用。

20190906 audi a5 03.jpg

リアはテールパイプが組み入れられたディフューザーを採用。

20190906 audi a5 04.jpg

LEDヘッドライトを装備し、オプションでマトリックスLEDが選択可能。

20190906 audi a5 05.jpg

インテリアは従来のロータリー式コントローラーに変わり、10.1インチタッチスクリーンディスプレイを採用。
メインユニットに第3世代のモジュラーインフォテインメントプラットフォーム(MIB 3)を採用。
Audiバーチャルコックピットの2.3インチディスプレイや、マルチファンクションステアリングホイールから3つのビューから選択可能。

20190906 audi a5 06.jpg

テレフォニー、アウディコネクトサービス、コミュニケーションボックスなどに対応。
Wi-Fiホットスポットも装備される。

20190906 audi a5 07.jpg

直列4気筒エンジンには、新たに12Vのマイルドハイブリッドを採用。
クランクシャフトに接続されたベルト駆動のオルタネーター/スターターが、減速時にエネルギーを回生してコンパクトなリチウムイオンバッテリーに蓄えることにより燃費を改善。

20190906 audi a5 08.jpg

エクステリアやインテリアに、Sライン装備を使用した、A5エディション1も用意されるという。

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】Weltpremiere des Porsche Taycan: Sportwagen, nachhaltig neu gedacht [車]

20190904 porsche taycan 01.jpg

PorscheはEV車のTaycan Turbo/Tycan Turbo Sを発表した。

20190904 porsche taycan 02.jpg

ボディサイズは全長4963mm×全幅1966mm×全高1381mm(Turbo S:1378mm)、ホイールベース2900mm、車重2305kg(Turbo S:2295kg)。

20190904 porsche taycan 03.jpg

エクステリアは大きく湾曲したフロントフェンダー、再度の強い彫り、リアに向かって傾斜するルーフラインを採用。
空力性能にも優れCd値は0.22となり、低エネルギー消費と長い航続距離を実現する。

20190904 porsche taycan 04.jpg

インテリアは独立した湾曲メーターパネルにより、ドライバー中心であることを強調。

20190904 porsche taycan 05.jpg

中央の10.9インチインフォテインメントディスプレイと、オプションのパッセンジャーシートディスプレイの組み合わせは、ブラックパネルルックの一体化されたガラス画面を形成する。
全てのユーザーインターフェースはTaycan用に新開発され、従来のスイッチやボタン類は大幅に削減し、インテリジェントで直感的なタッチ操作、「Hey Porsche」に応答するボイスコントロール機能を採用した。

20190904 porsche taycan 06.jpg

オプションでリサイクル素材により作られた、レザーフリーのインテリアが選択可能で、電動スポーツカーの持続可能なコンセプトを強調。
フットガレージはリアシート足元にあるバッテリーのくぼみで、低い車高でもリアシートの快適性を提供。
ラゲッジスペースはフロント81L、リア366L。

20190904 porsche taycan 07.jpg

モーターはフロントアクスルとリアアクスルに1基ずつ搭載し四輪を駆動する。
電気モーター、トランスミッション、パルスインバーターは、コンパクトに一体化された。

20190904 porsche taycan 08.jpg

Taycan Turboは最高出力680ps、最大トルク86.7kgmを発生。
0-100km/h加速3.2秒、0-200km/h加速10.6秒、最高速度260km/h。
航続距離381~450km。

Tycan Turbo Sは最高出力761ps、最大トルク107.1kgmを発生。
0-100km/h加速2.8秒、0-200km/h加速9.8秒、最高速度260km/h。
航続距離388~412km。

20190904 porsche taycan 09.jpg

リアアクスルに搭載されるトランスミッションは2速。
1速は力強い発進加速を、2速は航続距離を延ばすため電力消費を抑える。

20190904 porsche taycan 10.jpg

バッテリー総容量は93.4kWh。
通常のEVの400Vではなく800Vのシステム電圧となり、高出力充電ネットワークの直流(DC)を使用して、およそ5分で航続距離最大100km分の充電が可能。
270kWの急速充電では、5%から80%まで充電時間は22分30秒。
自宅などでは最大11kWの交流(AC)充電が可能。

20190904 porsche taycan 11.jpg

ポルシェ4D シャシーコントロールは、全てのシャシーシステムをリアルタイムで分析同期させる。
シャシーシステムには、ポルシェアクティブサスペンションマネージメントシステム(PASM)、電子制御ダンパーコントロールを含む3チャンバーテクノロジーを採用したアダプティブエアサスペンション、ポルシェトルクベクトリングプラス(PTV Plus)を含むポルシェダイナミックシャシーコントロールスポーツ(PDCC Sport)、電気機械式ロール抑制システムが含まれる。

20190904 porsche taycan 12.jpg

テスト走行では、ブレーキ操作のおよそ90%が電気モーターのみによって行われ、油圧式ホイールブレーキを作動させることない。

20190904 porsche taycan 13.jpg

ドライビングモードは、Normal、Sport、Sport Plus、Rangeと、個別に設定可能なIndividualがある。

*ドイツ語のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】The BMW M4 Edition ///M Heritage [車]

20190903 bmw m4 01.jpg

BMWはM4 Edition ///M Heritageを750台限定で発表した。

20190903 bmw m4 02.jpg

エクステリアは特別な製造プロセスによって製造された、カーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)ルーフに、ライトブルー、ダークブルー、レッドのMカラーストライプを追加。

20190903 bmw m4 03.jpg

ボディカラーはラグナセカブルー、ベルベットブルーメタリック、イモラレッドの3色。

20190903 bmw m4 04.jpg

足回りはオービットグレーマッド仕上げの20インチMライトアロイホイールを装備。

20190903 bmw m4 05.jpg

インテリアはボディカラーとバイデザインのフルレザーMスポーツシートが装備される。
ラグナセカブルーはシルバーストーン/ブラックレザーシート、ベルベットブルーはシルバーストーン/ブラックレザーシート、イモラレッドはレッド/ブラックのシートとなる。

20190903 bmw m4 06.jpg

Heritage専用に設計されたインテリアカーボントリムストリップには、3色のMカラーを特徴とするストライプデザインが組み込まれる。

20190903 bmw m4 07.jpg

インテリアトリムストリップとドアシルに、Edition /// M Heritageと1/750の刻印エンブレムが添えられる。

20190903 bmw m4 08.jpg

パワーユニットは3.0リッター直列6気筒ガソリンMツインターボエンジンを搭載。
最高出力450ps/7000rpm、最大トルク56.1kgm/2350-5500rpmを発生。
モーターは最高出力113ps/3170rpm、最大トルク27.0kgm/0-3170rpmを発生。

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【国内】BMW i8の限定モデルを発表 [車]

20190905 bmw i8 01.jpg

ビーエムダブリュー株式会社は、i8の限定モデルとしてi8 Ultimate Sophisto Editionを発表した。

20190905 bmw i8 02.jpg

エクステリアは、ボディカラーにソフィストグレー、ホイールやトリムなどに専用色となるE-コッパーを採用。

20190905 bmw i8 03.jpg

インテリアはE-コッパ―のインテリアカラーを採用し統一感を演出。
Ultimate Sophisto Edition 1 of 200と刻まれた限定バッヂを装備している。

20190905 bmw i8 04.jpg

限定台数は全世界200台。
価格は下記の通りとなる。
i8 Coupe Ultimate Sophisto Edition:2312万円
i8 Roadster Ultimate Sophisto Edition:2453万円


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【国内】新型 Mercedes-Benz C-Classのラインナップを変更 [車]

20190902 benz c 01.jpg

メルセデスベンツ日本株式会社はC-Classのラインナップの変更を発表した。

20190902 benz c 02.jpg

セダンにプラグインハイブリットモデルのC350e アバンギャルドを追加。
パワーユニットは2.0リッター直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。
最高出力211ps/5500rpm、最大トルク35.7kgm/1200-4000rpmを発生。
モーターは最高出力122ps、最大トルク44.9kgmを発生。
システム合計で最高出力320ps、最大トルク71.4kgmを発生。
EV走行時の最高速度130km/h、航続距離45km。

20190902 benz c 03.jpg

走行中に回生ブレーキなどによりバッテリーへの充電を行うため、充電設備が無い場合でも電気モーターのみでの走行が可能。
13.5kWhのリチウムイオンバッテリーへの充電時間(AC200V電源使用)は、純正ウォールユニット(6.0kW)使用時は約2時間。
インテリジェントアクセルペダルのプレッシャポイント機能は、EV走行時にこれ以上アクセルを踏むとエンジンも使用しなければならないというモーター走行の限界点でアクセルペダルの抵抗を増してドライバーに知らせる。
ダブルパルス機能はディスタンスアシストディストロニック同様、レーダーで先行車両との車間距離と速度差を計測し、ドライバーが不要な加速操作を行っている場合、アクセルペダルに2回のノックパルスを発生させて知らせる。
AIR BODY CONTROL サスペンション、AMG ライン、レザーシート、Burmesterサラウンドサウンドシステム、C-Class専用デザインの 12.3インチコックピットディスプレイ等が装備されるレザーエクスクルーシブパッケージがオプションで選択可能。

20190902 benz c 04.jpg

セダン、ステーションワゴンに特別仕様車ローレウスエディションを追加。
C200 ローレウスエディション、C200 4MATIC ローレウスエディション、C220d ローレウスエディションは、AMGスタイリングパッケージ、 Qi規格対応機種の携帯電話を無線充電するワイヤレスチャージング機能、Laureusのロゴがデザインされたバッジなどを装備。
新たに真上から自車を見ているようなトップビューなど車両周辺の状況が直感的に把握できる360°カメラシステム、全席シートベンチレーターなどを装備する、レザーエクスクルーシブパッケージがオプションで選択可能。

20190902 benz c 05.jpg

セダン、ステーションワゴン、クーペ/カブリオレのC180に新型エンジンを採用。
パワーユニットは1.5 リッター直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。
最高出力156ps/5300-6100rpm、最大トルク25.5kgm/1500-4000rpmを発生。
ターボチャージャーにツインスクロールシステムを採用したほか、可変バルブタイミングを実現する、カムトロ ニックも搭載し、状況に応じた最適な吸気を実現する。

20190902 benz c 06.jpg

価格は下記の通りとなる。
C180:463万円
C180 アバンギャルド:504万円
C200 ローレウスエディション:568万円
C200 4MATIC ローレウスエディション:614万円
C220d ローレウスエディション:612万円
C350e アバンギャルド:679万円
AMG C43 4MATIC:977万円
AMG C63:1258万円
AMG C63S:1433万円
C180 ステーションワゴン:488万円
C180 ステーションワゴン アバンギャルド:530万円-
C200 ステーションワゴン ローレウスエディション:610万円
C200 4MATIC ステーション ワゴン ローレウスエディション:640万円
C220d ステーションワゴン ローレウスエディション:638万円
AMG C43 4MATIC ステーションワゴン:996万円
AMG C63 ステーションワゴン:1283万円
AMG C63S ステーションワゴン:1452万円
C180 クーペ スポーツ:586万円
AMG C43 4MATIC クーペ:987万円
AMG C63 クーペ:1342万円
AMG C63 S クーペ:1479万円
C180 カブリオレ スポーツ:639万円
AMG C43 4MATIC カブリオレ:1044万円
AMG C63S カブリオレ:1541万円


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】The new Audi RS 6 Avant [車]

20190821 audi rs 6 avant 01.jpg

AUDIはRS 6 Avantを発表した。

20190821 audi rs 6 avant 02.jpg

エクステリアはフロントドア、ルーフ、テールゲートを除き、RS専用パーツのみで構成。
フェンダーはそれぞれ40mmワイド化され、22インチホイールを収める。

20190821 audi rs 6 avant 03.jpg

フロントはパワードーム付きボンネットや、左右にエアインレットを持つフロントバンパーは専用デザインとなり、シングルフレームグリル内の立体的ハニカム構造はグロスブラック仕上げ。

20190821 audi rs 6 avant 04.jpg

リアはルーフエッジスポイラー、リアディフューザーとグロスブラックのデザインエレメントを取り入れたRS専用バンパー、クロムカラー仕上げオーバルテールパイプのRSエキゾーストシステムを採用。

20190821 audi rs 6 avant 05.jpg

インテリアはアルミ製の大型パドルシフトとマルチファンクションボタン付きフラットボトムスポーツレザーステアリングホイール、ブラックパールナッパレザー/アルカンタラ仕上げのRSスポーツシートを採用。

20190821 audi rs 6 avant 06.jpg

ラゲッジスペースは565Lで、40:20:40の分割可倒式シートを倒すと1680Lに拡大する。

20190821 audi rs 6 avant 07.jpg

パワーユニットは4.0リッターV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。
最高出力600ps、最大トルク81.6kgm/2050-4500rpmを発生。
0-100km/h加速3.6秒、最高速度250km/h(リミッター作動)。
トランスミッションは8速ティプトロニック、駆動方式は四輪駆動のquattroで、フロントリアの駆動力は40:60で分配されるが、走行状況に応じフロント最大70%、リア最大85%に変化する。

20190821 audi rs 6 avant 08.jpg

48Vのマイルドハイブリッドと気筒休止システムを採用。
ベルト駆動式オルタネータースターターは、制動時に最大12kWの電力を回生しリチウムイオンバッテリーに供給。
55~160km/h走行中ドライバーがアクセルペダルを離すと、最大40秒間エネルギーを回収するかコースト走行モードに入り、100km走行あたり最大0.8Lの燃料を節約する。

20190821 audi rs 6 avant 09.jpg

足回りは10スポークスターデザイン21インチキャストアルミホイール、275/35R21タイヤが標準、オプションで22インチ5Vスポーク台形デザインホイール、285/30R22タイヤが選択可能。
RSスチールブレーキシステムのキャリパーはブラック仕上げでドリルド加工され、フロント420mm、リア370mmのディスクを装備。
オプションのRSセラミックブレーキのキャリパーはグレー、レッド、ブルーから選択可能で、フロント440mm、リア370mmのディスクを装備し、スチールと比較して34kg軽量化される。

20190821 audi rs 6 avant 10.jpg

RSスポーツエアサスペンションはA6 Avantと比較して車高は20mmダウン、120km/h以上の走行時はさらに10mmダウン、リフトモードは低速走行時に20mmアップさせる。

20190821 audi rs 6 avant 11.jpg

アウディドライブセレクトのダイナミックハンドリングシステムは走行モードが変更可能。
comfort、auto、dynamic、efficiency、individuallyに加えRS専用のRS1、RS2を設定。
ステアリングホイールのボタン操作により、エンジン、トランスミッション、パワーステアリング、サスペンション、ダイナミックオールホイールステアリング、クワトロスポーツディファレンシャル、エンジンサウンドなどの特性を変化させる。
ESCはスポーツモードに加えて完全オフも可能となる。

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】The new Mercedes-AMG GLB35 4MATIC [車]

20190829 amg glb 01.jpg

Mercedes-Benzは新型GLBのラインナップに、AMG GLB35 4MATICを追加して発表した。

20190829 amg glb 02.jpg

パワーユニットは2.0リッター直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。
最高出力306ps/5800-6100rpm、最大トルク40.8kgm/3000-4000rpmを発生。
トランスミッションは8速デュアルクラッチの8G DCT、駆動方式は四輪駆動の4MATIC。
0-100km/h加速5.2秒、最高速度250km/h(リミッター作動)、燃費13.2~13.3km/L。
トランスミッションは高速シフトのAMG SPEEDSHIFT DCT 8Gランスミッション、駆動方式は可変AMG Performance 4MATIC四輪駆動と組み合わされる。

20190829 amg glb 03.jpg

AMG DYNAMIC SELECTはSlippery、Comfort、Sport、Sport+、Individualのドライブモードがあり、エンジンレスポンス、トランスミッション、サスペンション、ステアリングなどの主要なパラメーターを変更する。
各モードで自動選択される、BasicとAdvancedのAMG DYNAMICSモードがあり、ESPの制御が変化する。

20190829 amg glb 04.jpg

エクステリアはAMG特有のパナメリカーナグリル、専用デザインの前後バンパー、AMGルーフスポイラーなどを採用。
足回りはタンタルグレー仕上げの19インチAMG 5ツインスポークライトアロイホイールを採用し、ツートンカラーの19〜21インチホイールが選択可能。
AMGハイパフォーマンスブレーキシステムは、フロントにシルバーブレーキキャリパーとブラックAMGレタリングを採用し、フロント350mmの4ピストン固定キャリパーと鋳鉄製ブレーキディスク、リア330mmの1ピストンフローティングキャリパーと鋳鉄製ブレーキディスクを装備する。

20190829 amg glb 05.jpg

インテリアは赤いダブルトップステッチと赤いシートベルトの、ブラックARTICO人工皮革/DINAMICAマイクロファイバー仕上げのスポーツシート、ナッパレザー製のマルチファンクションスポーツステアリングホイールを採用。
AMG専用設計のMBUXはClassic、Sporty、Supersportの表示モードから選択可能。

20190829 amg glb 06.jpg

オプションの3列目シートを倒すとフラットなラゲッジスペースとなり、3列目シートには身長168cmの乗員まで快適に過ごせるという。

20190829 amg glb 07.jpg

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】The new BMW X5 xDrive45e [車]

20190829 bmw xX5 xdrive45e 01.jpg

BMWはプラグインハイブリットモデルのX5 xDrive45eを発表した。

20190829 bmw xX5 xdrive45e 02.jpg

パワーユニットは3.0リッター直列6気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。
最高出力286ps/5000-6000rpm、最大トルク45.9kgm/1500-3500rpmを発生。
モーターは最高出力113ps/3170rpm、最大トルク27.0kgm/0-3170rpmを発生。
システム合計で最高出力394ps、最大トルク61.2kgmを発生。
0-100km/h加速5.6秒、最高速度235km/h、EV走行時の最高速度135km/h、航続距離(WLTPテストサイクル)67~87km。

20190829 bmw xX5 xdrive45e 03.jpg

トランスミッションは最新世代の8速ステップトロニックトランスミッション、駆動方式は四輪駆動のxDrive。

20190829 bmw xX5 xdrive45e 04.jpg

24kWhのリチウムイオンバッテリーは車体下部に設置され、ラゲッジスペースはガソリンモデルと比較して150L少ない500L、リアシートを倒すと1720Lに拡大、燃料タンク容量は69Lとなる。

20190829 bmw xX5 xdrive45e 05.jpg

足回りは2軸エアサスペンションと電子制御ダンパーを装備し、オプションで一体型アクティブステアリングが選択可能。

20190829 bmw xX5 xdrive45e 06.jpg

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】Stärker, schneller, agiler: Der neue Macan Turbo [車]

20190829 porsche macan turbo 01.jpg

Porscheは新型Macan Turboを発表した。

20190829 porsche macan turbo 02.jpg

パワーユニットは2.9リッターV型6気筒ツインターボエンジンを搭載。
最高出力440ps/5700-6600rpm、最大トルク56.1kgm/1800-5600rpmを発生。
先代の3.6リッターエンジンからダウンサイジングしながら最高出力は40ps向上。
トランスミッションは7速PDKデュアルクラッチトランスミッション、駆動方式は四輪駆動のポルシェトラクションマネージメント(PTM)。
0-100km/h加速4.5秒(スポーツクロノパッケージ4.3秒)、最高速度270km/h(スポーツクロノパッケージ274km/h)、燃費10.2km/L。

20190829 porsche macan turbo 03.jpg

エクステリアは3つの大型エアインテークとハイレベルフロントライトを備えた専用フロントエプロン、ポルシェダイナミックライトシステム(PDLS)を組み込んだLEDヘッドライト、20インチマカンターボホイール、スポーツデザインサイドスカート、エクステリアカラー同色仕上げのスポーツデザインエクステリアミラー、ターボ専用ダブルウイングデザインの固定ルーフスポイラー、シルバーカラーツインテールパイプのスポーツエグゾーストシステムを採用。

20190829 porsche macan turbo 04.jpg

シャーシーも最適化され、ディスクにタングステンカーバイドコーティングを施し、従来の鋳鉄製ブレーキと比較してレスポンスは素早く、摩耗は少なく、ブレーキダストは最大90%低減され、ハイグロスのブレーキディスクとホワイトに塗装されたブレーキキャリパーが特徴の、ポルシェサーフェスコーテッドブレーキ(PSCB)を装備。
最適化されたローリングピストンと新しいショックアブソーバーの油圧システムを備えたオプションの車高調節式エアサスペンションやポルシェトルクベクトリングプラス(PTVプラス)、ポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)を装備することでダイナミクスをさらに高めることが可能。

20190829 porsche macan turbo 05.jpg

インテリアはスムースレザー仕上げのレザートリム、18way電動調整機能とコンポートメモリパッケージを備えたアダプティブスポーツシート、アルカンターラルーフライニングとブラッシュアルミニウムインテリアパッケージ、911由来のヒーター付GTスポーツステアリングホイールを採用。
完全にネットワーク化された10.9インチフルHDタッチスクリーン搭載ポルシェコミュニケーションマネージメント(PCM)は、14個のスピーカーと665Wの出力を備えたBOSEサラウンドサウンドシステムに接続され、リアルタイム交通情報とスマートなボイスコントロールによるオンラインナビゲーションも含まれる。

20190829 porsche macan turbo 06.jpg

Porsche Connectは、LTEテレフォンモジュール、外部SIMカード用スロット、Wi-Fiホットスポット、多数のPorsche Connectサービスが付属。
オプションで、室内の空気質を改善するイオナイザー、アダプティブクルーズコントロールを含む新しいトラフィックジャムアシストが選択可能。
これは60km/hまでの速度でセミオートマチックによる加速と制動を行い、渋滞や低速交通での運転をサポートする。

*ドイツ語のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】The new Mercedes-Benz GLE Coupe and Mercedes-AMG GLE53 4MATIC+ Coupe [車]

20190828 benz gle coupe 01.jpg

Mercedes-BenzはGLE Coupe/AMG GLE 53 4MATIC+ Coupeを、フランクフルトモーターショー2019で公開すると発表した。

20190828 benz gle coupe 02.jpg

ボディサイズは先代と比較して全長39mm、全幅7mm、ホイールベース20mm拡大、ドアの開口部は35mm広げられたことにより、室内空間と乗降性を向上。
ラゲッジスペースは655L、40:20:40の分割可倒式リアシートを倒せば1790Lに拡大しセグメントで最大のスペースを確保。

20190828 benz gle coupe 03.jpg

GLE Coupeのエクステリアは1本の水平ルーバーを備えたダイヤモンドラジエーターグリル、ヘッドライトはフルLEDヘッドライトを採用。

20190828 benz gle coupe 04.jpg

GLE Coupeのインテリアは2つの12.3インチワイドディスプレイを採用。
各部にARTICO人工レザーを使用し、スポーツステアリングホイールはナッパレザー仕上げとなり、最新のMBUXも採用している。

20190828 benz gle coupe 05.jpg

GLE350d 4MATIC Coupeのパワーユニットは3.0リッター直列6気筒ディーゼルターボエンジンを搭載。
最高出力272ps、最大トルク61.2kgmを発生。

GLE400d 4MATIC Coupeのパワーユニットは3.0リッター直列6気筒ディーゼルターボエンジンを搭載。
最高出力330ps、最大トルク71.4kgmを発生。

20190828 benz gle coupe 06.jpg

トランスミッションは9G‑TRONICで、駆動方式は四輪駆動の4MATIC。

20190828 benz gle coupe 07.jpg

オプションのE-ACTIVE BODY CONTROLは48Vの電気システムを備え、新開発のAIRMATICエアサスペンションと組み合わせられることにより、四輪のスプリングとダンパーを個別に制御可能。
これによりロールやピッチやスクオットも抑え、快適な乗り心地と高いハンドリング性能を実現。

20190828 benz gle coupe 08.jpg

AMG GLE53 4MATIC+ CoupeのエクステリアはAMG特有のパナメリカーナグリル、専用デザインの前後バンパー、サイドスカート、リアディフューザー、4本出しクロームテールパイプなどを採用。

20190828 benz gle coupe 09.jpg

AMG GLE53 4MATIC+ Coupeのインテリアはサポート性を高めたブラックARTICO人工皮革/ DINAMICAマイクロファイバー製シートを採用し、各部に特徴的な赤のステッチが入る。
ナッパレザー製AMGパフォーマンスステアリングホイールは、コントラストの高いトップステッチと12時の赤いマーキングが入る。
AMGブラッシュ仕上げのステンレススチール製スポーツペダル、ゴム製スタッド、ドアシルパネル、フロアマットにはAMGロゴが入る。

20190828 benz gle coupe 10.jpg

AMG GLE53 4MATIC+ Coupeのパワーユニットは3.0リッター直列6気筒ツインターボディーゼルエンジンとインテグレーテッドスタータージェネレーター(ISG)を搭載。
最高出力435ps/6100rpm、最大トルク53.0kgm/1800-500rpmを発生し、モーターの最高出力22ps、最大トルク25.5kgmが加わる。
0-100km/h加速5.3秒、最高速度250km/h(リミッター作動)、燃費10.8km/L。

20190828 benz gle coupe 11.jpg

トランスミッションは9速のAMGスピードシフトTCTで、高速シフトに対応。
AMG Performance 4MATIC +は前後トルクの可変配分が可能で、最適に四輪を駆動する。
AMGライドコントロール+エアサスペンションはComfort、Sport、Sport+の3つのモードと、オフロード走行時のTrail、Sandの2つのモードで減衰特性が選択可能で、優れた長距離快適性とドライビングダイナミクスを提供。
Sport、Sport +で走行時、Comfortで120km/h以上で走行時は車高を10mm下げ、空気抵抗低減と操縦安定性の意向上を図り、悪路走行時は車高を最大55mm上げることができる。

20190828 benz gle coupe 12.jpg

ダイナミックセレクトドライビングプログラムはSlippery、Comfort、Sport、Sport+、Individual、Trail、Sandの7種類が選択可能で、エンジン、トランスミッション、アクセル、ステアリング、サスペンション、エキゾーストサウンドなどの重要なパラメーターを調整する。
AMG専用設計のMBUXはダイナミックセレクトドライビングプログラムのTrail、Sandを有効にすると、オフロード固有の設定(勾配、傾斜、レベルなど)を選択して、メーターパネルに表示する。

20190828 benz gle coupe 13.jpg

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【国内】新型BMW 1シリーズ発表 [車]

20190829 bmw 1 01.jpg

ビーエムダブリュー株式会社は、新型1シリーズを発表した。

20190527 bmw 1 02.jpg

ボディサイズは全長4355mm(M Sport:4355mm)×全幅1800mm×全高1465mm、ホイールベース2670mm。

20190527 bmw 1 03.jpg

エクステリアは大型化し中央部が連結した新世代デザインのキドニーグリル、4灯ヘキサゴナルLEDヘッドライトを採用。
くっきりとしたプレスラインを引いたサイドボディは、リアホイールを強調するような力強いシルエットを強調。


20190527 bmw 1 04.jpg

リアは低重心なシルエットに、新デザインのL字型テールライトが印象的なアクセントとなっている。

20190527 bmw 1 05.jpg

インテリアは5.1インチメーターパネルディスプレイ、8.8インチのコントロールディスプレイに加えて、オプションで10.25インチディスプレイを2つ備えた最新のBMWライブコックピットや、大型化したBMWヘッドアップ・ディスプレイをラインアップ。

20190527 bmw 1 06.jpg

Qi対応の機器(スマートフォン等)を充電できるワイヤレス充電機能を全車に標準装備。

20190527 bmw 1 07.jpg

FF化により居住性が向上。
リアの足元スペースが約40mm広くなり、より乗降しやすくなるなど、室内空間の機能性が大幅に改善された。

20190527 bmw 1 08.jpg

ラゲッジスペースは20L拡大した380Lとなり、リアシートを倒すと最大1200Lまで拡大する。

20190527 bmw 1 09.jpg

BMWとして日本初導入となるタイヤスリップコントロールシステム(ARB)を採用するなど、高い走行性能を実現すると共に、前輪駆動方式の採用により広い室内空間を確保することで、一層機能的なモデルとなっている。

運転支援機能は新たにレーンチェンジウォーニング、後部衝突警告機能、クロストラフィックウォーニング(リア)、スピードリミット情報表示機能が追加されたドライビングアシストを装備(118iを除く)。

35km/h以下の走行時直近に前進した50mの軌跡を記憶し、その軌跡通りに後退する際に、ステアリング操作を自動で行うリバースアシストを備えたパーキングアシストを装備。

オプションのナビゲーションパッケージ(M135i xDriveには標準装備)を選択すれば、会話のみで車両の操作や、情報へのアクセスが可能となるBMWインテリジェントパーソナルアシスタントが装備され、機能性と操作性を大幅に向上している。

20190527 bmw 1 10.jpg

パワーユニットはガソリン2種類、ディーゼル3種類の計5種類をラインアップ。

118iには1.5リッター直列3気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。
最高出力140ps/4200-6500rpm、最大トルク22.4kgm/1420-4200rpmを発生。
トランスミッションは7速DCT。

M135i xDriveには2.0リッター直列4気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。
最高出力306ps/4500-6250rpm、最大トルク45.9kgm/1750-4500rpmを発生。
トランスミッションは8速ステップトロニックスポーツトランスミッション。


20190527 bmw 1 11.jpg

価格は下記の通りとなる。
118i:334万円
118i Play:375万円
118i M Sport:413万円
M135i xDrive:630万円

20190527 bmw 1 12.jpg


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【国内】新型 Mercedes-Benz CLA Coupe/CLA Shooting Brakeを発表 [車]

20190827 benz cla 01.jpg

メルセデスベンツ日本株式会社は新型CLA Coupe/CLA Shooting Brakeを発表した。

20190827 benz cla 02.jpg

エクステリアはキャラクターラインやエッジをできるだけ廃し、曲面で表現されたシンプルなボディデザインを表現。

20190827 benz cla 03.jpg

フロントは前傾するシャークノーズデザイン、ヘッドライトはワイドな印象を与える上下方向に細いデザインを採用。
サイドは長く低く構えたボンネット、高いウエストラインと、なだらかな流線形のルーフライン、そしてそれらにより創出される細いサイドウィンドウ、クーペモデルに共通するサッシュレスウィンドウを採用。

20190827 benz cla 04.jpg

リアは外側が膨らむデザインのコンビネーションランプを配し、ワイド感を強調するとともに、CLAのデザインの独自性を表現。

20190827 benz cla 05.jpg

インテリアは新型A-Classの基本的デザインを踏襲。
ダッシュボードはインストゥルメントクラスター上方のカウルを廃止し、ワイドスクリーンディスプレイをダッシュボード上部に配置。
5つの円形のエアアウトレットは、ジェットエンジンのタービンを想わせるデザインを採用し、エアアウトレットの奥の部分に色のアクセントを施すことで、 アフターバーナーを想起させる。

20190827 benz cla 06.jpg

対話型インフォテインメントシステムMBUXを搭載。
人工知能による学習機能で、特定のユーザーに適応する個別対応能力を備え、クルマ、ドライ バー、乗員の間に心の結びつきが育まれる。

20190827 benz cla 07.jpg

200dのパワーユニットは2.0リッター直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載。
最高出力150ps/3400-4400rpm、最大トルク32.6kgm/1400-3200rpmを発生。

20190827 benz cla 08.jpg

250のパワーユニットは2.0リッター直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。
最高出力224ps/5500rpm、最大トルク35.7kgm/1800-4000rpmを発生。

20190827 benz cla 09.jpg

トランスミッションは7速デュアルクラッチの7G-DCTで、効率向上に効果的なダイレクトな変速を実現しながら、振動も抑えるセッティングが施されている。

20190827 benz cla 10.jpg

価格は下記の通りとなる。
CLA200d Coupe:472万円
CLA250 4MATIC Coupe:534万円
CLA200d Shooting Brake:482万円
CLA250 4MATIC Shooting Brake:544万円


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【国内】新型 Mercedes-AMG A35 4MATICを発表 [車]

20190827 amg a35 4matic 01.jpg

メルセデスベンツ日本株式会社は新型AMG A35 4MATICを発表した。

20180919 amg a35 02.jpg

エクステリアはフロントにAMG特有のツインブレードを備えたフロントグリルを採用。
専用のシルバークロームのフロントスプリッターや左右エアインテーク部にはシルバークロームの水平フィンが2本ずつあしらわれ、その外側にフリックが採用されている。

20180919 amg a35 04.jpg

リアはルーフスポイラーが装着され、専用デザインの大型リアディフューザーとクローム仕上げで円形のデュアルエグゾーストエンドを採用。

20180919 amg a35 05.jpg

インテリアは3つのAMGディスプレイスタイルを備えたMBUXインフォテインメントシステムを採用。

20180919 amg a35 08.jpg

シートはヘッドレストとバックレストが一体化したセミバケットタイプなデザイン。
AMGパフォーマンスパッケージを選択することでサイドサポートが高く、メルセデスAMGのトップモデルに採用されるAMGパフォーマンスシートが装備される。

20180919 amg a35 06.jpg

パワーユニットは2.0リッター直列4気筒ツインターボガソリンエンジンを搭載。
最高出力306ps/5800-6100rpm、最大トルク40.8kgm/3000-4000rpmを発生。

20180919 amg a35 07.jpg

トランスミッションは7速デュアルクラッチのAMGスピードシフトDCT7Gを採用。
全速度域でのきわめて自然な加速性能に加え、素早いシフトとシフトアップ時の最適なギアのつながりが得られるようにセッティングされ、俊敏、かつダイナミックで気持ちの良い加減速を実現している。

20180919 amg a35 03.jpg

エグゾーストシステムには自動制御のフラップを装備し、選択したドライブモードに応じてバランスの 取れた音色から、ドライバーの感性を刺激するモータースポーツ譲りのエグゾーストサウンドまで切り替えを行うことができる。

20180919 amg a35 09.jpg

パフォーマンス志向のトルク可変配分四輪駆動AMG 4MATICを採用。
トルクの前後配分はハンドリングに何が要求されているかに応じて連続可変制御され、フロントリアのトルク配分比は、100:0から50:50までの範囲で変化する。

20180919 amg a35 10.jpg

ドライビングモードはスリップリー、コンフォート、スポーツ、スポーツブラス、インディビデュアルの5種類。
各ドライブモードでは、エンジン、トランスミッション、サスペンション、エグゾースト、ステアリングの制御が変更可能な他、各モードに自動選択されるベーシック、アドバンストの2つのAMG DYNAMICSのモードがあり、ESPの制御を変化させる。

20180919 amg a35 11.jpg

AMGトラックペースを装備し、サーキット走行時に80件以上の車両データ(車速、加速度など)を常時記録することが可能で、ラップタイムと区間タイムの表示や、それぞれの基準タイムからの差を表示する機能も備えている。

20180919 amg a35 12.jpg

サーキットで何周か走り込んだ後はそのデータをもとに運転スキルを分析し、必要に応じて改善に役立てることができ、加減速の値(0-100km/h、1/4マイル、100-0km/hなど)の測定と保存も可能。

20190827 amg a35 4matic 02.jpg

発表記念特別仕様車として、19インチAMGマルチスポークアルミホイール、専用のAMGパフォーマンスシート、AMGロゴが入り専用トリム、EDITIONロゴ入りAMGパフォーマンスステアリング、AMGアドバンスドパッケージ、AMG RIDE CONTROLサスペンションなどを装備したEdition1も合わせて発表された。

価格は下記の通りとなる。
AMG A35 4MATIC:628万円
AMG A35 4MATIC Edition1:743万円


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【国内】Audi 新型Audi RS5 Sportbackを発表 [車]

20190824 audi rs5 sportback 01.jpg

アウディジャパン株式会社は、新型Audi RS5 Sportbackを発表した。

2018028 audi rs5 02.jpg

エクステリアは下部にquattroのロゴを配した専用のシングルフレームグリルや大型のエアインレット、専用前後バンパー、リヤディフューザーを採用し、RSモデルらしさを強調。

2018028 audi rs5 03.jpg

マトリクスLEDヘッドライトはカラーベゼルを採用することで、他のグレードとの差別化を図っている。
マットアルミニウムルックとグロスブラックの2種類のカーボンスタイリングパッケージなど、豊富なオプションも用意。

2018028 audi rs5 04.jpg

伝説のマシンAudi quattroを彷彿とさせるブリスターフェンダーもRS 5 Sportbackの特徴で、全幅は標準モデルに比べて15mm拡大。
20インチの5アームトラペゾイダルデザイングロスアンスラサイトブラックポリッシュト アルミホイールを装備し、強力なセラミックブレーキがオプションで選択可能。

2018028 audi rs5 05.jpg

インテリアはダイヤモンドステッチングが施されたファインナッパレザーのSスポーツシート、アルミニウムレースのデコラティブパネルを配し、ステアリングやセレクターレバー、センタコンソールサイドにアルカンターラを採用。
シートベルトも合わせて赤いステッチが施されたRSデザインパッケージをオプションで選択可能。
最新のインフォテイメントシステムは、メーターパネル内に設置された12.3インチのTFT液晶ディスプレイにスピードメーター、タコメーター、ナビゲーションシステムをはじめとする様々な情報を表示できるアウディバーチャルコックピットを装備。
アウディプレセンスシティ(衝突被害軽減セーフティシステム)をはじめ、数々の最新安全技術とアシスタンスシステムも搭載している。

2018028 audi rs5 06.jpg

パワーユニットは2.9リッターV型6ツインターボエンジンを搭載。
最高出力450ps/5700-6700rpm、最大トルク61.1kgm/1900-5000rpmを発生。
トランスミッションは8速ティプトロニックトランスミッションで、四輪駆動のquattro と組み合わせられる。

2018028 audi rs5 07.jpg

ダイナミックライドコントロール(DRC)付スポーツサスペンションプラス、リヤアクスルには左右の駆動力配分を最適化するスポーツディファレンシャルを装備とすることで大パワーを確実に路面に伝達し、優れた高速安定性と操縦安定性を実現。
またアウディ独自の燃焼方式であるBサイクルの採用により、11.2km/Lの低燃費を両立する。

2018028 audi rs5 08.jpg

価格は1263万円となる。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【国内】新型Audi R8 Coupe/Spyderを発表 [車]

20190824 audi r8 01.jpg

アウディジャパン株式会社は、R8 CoupeとR8 Spyderのマイナーチェンジを発表した。

20181024 audi a8 02.jpg

アウディスペースフレーム(ASF)は、アルミニウムとカーボンファイバー(CFRP)を組み合わせることで、さらなる軽量化と高剛性化を実現。

20181024 audi a8 03.jpg

エクステリアはフロントリアにLEDライトを装備し、LED ハイビームの約2倍の照射距離を誇るレーザーハイビームや前後にダイナミックターンインディケーターを搭載。
フロントはロー&ワイドになったシングルフレームグリル、その上部にはSport quattroを彷彿させる細いスリットが備わっている。
サイドは縦に分割されたフロントサイドのエアインレットなどを採用。
リアはボディ幅いっぱいにエアアウトレットが広がり、大胆なデザインのリヤディフューザーには、楕円形の大型エキゾーストパイプがインストールされている。

20181024 audi a8 04.jpg

パワーユニットは5.2リッターV型10気筒自然吸気エンジンを搭載。
最高出力620ps/8000rpm、最大トルク59.1kgm/6600rpmを発生。

20181024 audi a8 05.jpg

ダブルウィッシュボーンサスペンションのアーム類などもすべてアルミ化し、フロント42、リア58という理想的な前後重量配分を実現。
サスペンションにはアウディ マグネティックライドを搭載。
ブレーキは耐フェード性に優れ、かつバネ下重量軽減にも寄与するカーボンファイバー セラミックブレーキを採用。
新デザインの20インチホイールを装備する。

20181024 audi a8 06.jpg

Coupeはサイドウインドウ部とボディサイドにサイドブレードを2分割することにより、Spyderはエアインテーク部にサイドブレードを装着することで、ミッドシップスポーツであることを強調している。

20181024 audi a8 07.jpg

インテリアはフォーミュラカーをイメージさせる モノポストデザインを採用し、ドライバーとマシンの一体感を高めた。
ステアリングホイールには、エンジンスタート/ストップボタンやアウディドライブセレクトのボタンを集約し、主要な操作をステアリングから手を離すことなく行える。
メーターパネル内には12.3インチのTFTディスプレイを配置し、ドライバーインフォメーションシステム(DIS)や、地図表示などの機能を統合したアウディ バーチャル コックピットを装備している。

20181024 audi a8 09.jpg

R8 Spyderの電動式ソフトトップは遮音性に優れたクロス製で、フレームにはアルミニウムと鋳造マグネシウム、トップコンパートメントカバーはCFRP製となっている。
重量は約44kgで軽量化と低重心化を実現し、開閉時間は約20秒で50km/h以下であれば走行中の操作も可能。

20181024 audi a8 08.jpg

R8は市販モデルをはじめレーシングカーのR8 LMSも合わせ、AUDI AGのネッカーズルム工場近くに新設された ベーリンガーホフ(Böllinger Höfe)工場で生産されている。
Audi Sport GmbHの管理のもと、高度なスキルをもった従業員によってそのプロセスの多くは手作業で行われているという。

価格は下記の通りとなる。
Audi R8 Coupe:3001万円
Audi R8 Spyder:3146万円


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【国内】Audi R8の限定モデルを発表 [車]

20190824 audi r8  decennium 01.jpg

アウディジャパン株式会社は、R8の限定モデルとしてR8 Decenniumを発表した。

20190824 audi r8  decennium 02.jpg

Decenniumはラテン語に由来する言葉で「10年」を意味する。
2009年に5.2リッターV型10気筒エンジンを搭載した5.2 FSI quattroを追加し、R8のV10エンジンのヒストリーが始まった。
2016年に2世代目へとモデルチェンジし、Audi の市販モデルとして過去最高のパフォーマンスを発揮。

20190824 audi r8  decennium 03.jpg

パワーユニットは5.2リッターV型10気筒自然吸気エンジンを搭載。
最高出力620ps/8000rpm、最大トルク59.1kgm/6600rpmを発生。
トランスミッションは7速Sトロニックトランスミッション、電子制御油圧多板クラッチ式quattroフルタイム四輪駆動システムは運転状況に応じて駆動トルクを自動で分配し、極限の状況では前輪または後輪のいずれかへ100%のトルクを伝達することが可能。
低負荷時にはエンジンの片バンクを休止させるシリンダー オン デマンド(COD)を採用。
アクセルペダルをオフにしたときにはエンジンを駆動系から切り離すコースティングモードとあわせて優れた環境性能も両立する。
エクステリアはデイトナグレーマットエフェクトのボディカラーにハイグロスブラックスタイルパッケージ(グロスブラックのフロントスポイラー、サイドシル、ディフューザー等)、フロントフード上のフォーリングスのバッジもブラック仕上げ。
アルミホイールはマットブロンズの20インチで、インテークマニホールドも同様にマットブロンズカラーに彩られている。

20190824 audi r8  decennium 04.jpg

インテリアはDecenniumのロゴがセンターコンソールやドアなどに配されている。
グロスカーボンファイバー仕上げが施されたセンターコンソールのDecenniumのロゴは、アウディの特許による部分マット仕上げを特徴として、素材の表面に特殊な粉末を使用して、数千分の1ミリ単位で粗面化処理が施されている。
ダイナミックステアリング、電動調整機能付きファインナッパレザーダイヤモンドスティッチングスポーツシートや、デコラティブパネルグロスカーボン、アルカンターラヘッドライニング、550Wのアンプと13個のスピーカーによるBang & Olufsenサウンドシステムなどを装備する。

限定台数は全世界222台、国内10台。
価格は3091万円となる。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

「爽亭」で海老かき揚げ天玉そば [飲食]

JR池袋駅で横浜方面への電車待ちで15分ほどあったので、改札内にある「爽亭」でそばをいただくことにする。

20161112 爽亭 01.jpg

「爽亭」は熱海駅の店には何度か行った事があるが、池袋は初めて。
券売機横には秋の美味として、きのこラー油(480円)と鴨ねぎ(500円)のパネルがある。
ラー油が入っていないきのこなら良かったのだが、それと鴨はおそらくレトルトのパウチ品のような気がしたのでパス。
奥の券売機の方には天ぷら3種(480円)と豚肉(480円)とあるがこちらもぱっとしない。

20161112 爽亭 02.jpg

券売機の前で少し悩むが、海老かき揚げ天そば(440円)のボタンを押す。
店内に入って食券を出すが、なぜか海老かき揚げ天玉そばの食券???
まー、いい。
なぜだろうか少し考えていると、2分ほどで出来上がる。

20161112 爽亭 03.jpg

海老かき揚げ天玉そば(500円)
丼ぶり半分ほどの海老かき揚げ、玉子、わかめ、ねぎがのる。
確か「爽亭」ではかけでもわかめが入ったと思う。
90円アップでわかめそばがあるので、それには相当ワカメが入っているのだろう。
さて海老かき揚げにはかき揚げにしてはやや大ぶりな海老、にんじん、玉ねぎ、長ねぎ、ごぼうなどが入る。
140円アップなだけあり、海老かき揚げのルックスはいい。
いただいてみると、麺は茹で置きのふにゃふにゃ麺。
熱海の店では冷凍麺だったと思うので、違う麺を使っているのだろうか。
つゆは熱海の店より甘みが少なく、醤油がややとがっている印象。
海老かき揚げは手作り感がある。
衣よりも野菜類が多くてなかなかいい。
後半は玉子をくずしていただく。
さて食券の謎が解けずに考えながらいただいていたので、味がよく分からずごちそうさま。
ちなみにこの時のSuicaの利用額を調べてみたが440円であった。
やはり券売機で押したボタンは正しかったようである。
それにしても謎である。

【店メモ】
訪問日:2016/11/12(土)
店名:爽亭 池袋店
住所:東京都豊島区南池袋1丁目 JR池袋駅改札内コンコース
電話:非公開
営業時間:7:00~23:00(日祝は22:00まで)
定休日:無休


人気ブログランキングへ

【国内】BMW M5の限定モデルを発表 [車]

20190823 bmw m5 01.jpg

ビーエムダブリュー株式会社は、M5の限定モデルとしてM5 35 Jahre Editionを発表した。

20190517 bmw m5 02.jpg

パワーユニットは4.4リッターV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。
最高625ps/6000-6700rpm、最大トルク76.5kgm/1800-5800rpmを発生。
トランスミッションは8速Mステップトロニックトランスミッション、駆動方式はMモデル専用四輪駆動のM xDriveを搭載。
0-100km/h加速3.3秒、0-200km/h加速10.8秒。

20190517 bmw m5 03.jpg

エクステリアはMモデルの象徴である、ダブルバーキドニーグリル、リアスポイラー、ミラーキャップ、サイドギル、Mスポーツエキゾーストシステムをブラックで統一し、よりアグレッシブなデザインとしている。
ボディカラーはシルクのような滑らかさを備えたマットな色味のフローズンダークシルバーを採用。

20190517 bmw m5 04.jpg

70km/h以上での走行時に点灯し、LEDライトの約2倍に相当する最大600m先を照らすBMWレーザーライトを装備することで視認性を高め、夜間走行での安全性をより向上させながら、M5の高い走行性能を体感することが可能となっている。

20190517 bmw m5 05.jpg

インテリアはブラックフルレザーメリノシート、限定デザインのベージュコントラストステッチを採用。

20190517 bmw m5 06.jpg

インテリアトリムにはより耐久性が高くアルマイト加工が施され、淡いゴールドのアルミトリムを採用。

20190517 bmw m5 07.jpg

35 Jahreと刻まれたドアシル、M5 Edition 35 Jahre 1/350の文字が浮かび上がるカップホルダーカバーにより限定車を演出。

20190517 bmw m5 08.jpg

限定台数は全世界350台、国内10台。
価格は2160万円となる。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】Mercedes-Benz EQV: World Premiere for the first fully-electric premium MPV [車]

20190820 benz eqv 01.jpg

Mercedes-Benzは新型EQVをフランクフルトモーターショー2019で公開すると発表した。

20190820 benz eqv 02.jpg

パワーユニットはモーターとエネルギー容量90kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載。
最高出力204ps、最大トルク36.9kgmを発生。
駆動方式は前輪駆動で、最高速度160km/h、航続距離405km。
リチウムイオンバッテリーはフロア下にレイアウトして広い室内空間を確保。
急速充電に対応し10%から80%まで45分以下で充電可能。

20190820 benz eqv 03.jpg

バッテリーへの回生充電も可能で、ステアリングホイールのパドルシフトでレベルをコントロールできる。
最も弱いレベルではコーストし、最も強いレベルの場合はアクセルペダルの操作のみで速度調整が可能。

20190820 benz eqv 04.jpg

エクステリアはEQモデルの特徴である、クロムフィン付きのブラックパネルラジエーターグリルを採用。
V-Class同様に3200mmの標準ホイールベース仕様と、3430mmのロングホイールベース仕様を設定。

20190820 benz eqv 05.jpg

インテリアは10インチディスプレイを採用。
MBUXインフォテイメントシステムはバッテリーの状態など、EQモデル独自の機能を持つ。

20190820 benz eqv 06.jpg

シートレイアウトは2-2-2の6人乗り、2-3-2の7人乗り、2-3-3の8人乗りが選択可能となる。

20190820 benz eqv 07.jpg

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【国内】Audi Q7の限定モデルを発表 [車]

20190820 audi q7 urban black 01.jpg

アウディジャパン株式会社は、Q7の限定モデルとしてQ7 urban blackを発表した。

20190820 audi q7 urban black 02.jpg

このモデルはQ7 45 TFSI quattroがベース。

20190820 audi q7 urban black 03.jpg

エクステリアはブラックスタイリング パッケージ、カーボンハウジングのドアミラー、5ツインスポークモジュールインレイ21インチホイールを追加装備。

20190820 audi q7 urban black 04.jpg

インテリアはヘッドライニングとスポーツシート(部分)にアルカンターラを使用し、デコラティブパネルにはグロスブラック/オークグレーを採用。

20190820 audi q7 urban black 05.jpg

最新のドライバーアシスタンス機能、アダプティブエアサスペンション、3列シート、LEDヘッドライト、バーチャルコックピットなども装備している。

20190820 audi q7 urban black 06.jpg

限定台数は50台。
価格は990万円となる。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【国内】Audi Q5の限定モデルを発表 [車]

20190820 audi q5 s line dynamic limited 01.jpg

アウディジャパン株式会社は、Q5の限定モデルとしてQ5 S line dynamic limitedを発表した。

20190820 audi q5 s line dynamic limited 02.jpg

このモデルはQ5 40 TDI quattro sportがベース。

20190820 audi q5 s line dynamic limited 03.jpg

エクステリアはS lineエクステリア、20インチホイールを追加装備。

20190820 audi q5 s line dynamic limited 04.jpg

インテリアはパーシャルレザーを追加装備。
ドライバーアシスタンスシステムや、ダイナミックインジケーター付きマトリクスLEDライト/LEDリヤコンビネーションライトなど、機能面もアップグレードしている。

20190820 audi q5 s line dynamic limited 05.jpg

限定台数は250台。
価格は746万円となる。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】EQ Power for the first time also for A- and B-Class [車]

20190819 benz a b 01.jpg

Mercedes-BenzはA-ClassとB-Classのプラグインハイブリッドモデルを発表した。

20190819 benz a b 02.jpg

これは第三世代プラグインハイブリッドモデルで、2019年末までに10モデル以上、2020年に20モデル以上のプラグインハイブリッドモデルをラインナップ予定。

20190819 benz a b 03.jpg

パワーユニットは1.3リッター直列4気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。
最高出力160ps/5500rpm、最大トルク25.5kgm/1620rpmを発生。
モーターは最高出力102ps、最大トルク30.6kgmを発生。
システム合計で最高出力218ps、最大トルク45.9kgmを発生。
トランスミッションはEVモデル専用の8速DCTを採用。

20190819 benz a b 04.jpg

15.6kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、7.4kWの家庭用ウォールボックスで10%から100%まで1時間45分以内、急速充電器で10%から80%まで25分で充電可能。

20190819 benz a b 05.jpg

A250eは0-100km/h加速6.6秒、最高速度235km/h、EV走行時の最高速度140km/h、航続距離74~76km。
A250e Saloonは0-100km/h加速6.7秒、最高速度240km/h、EV走行時の最高速度140km/h、航続距離75~77km。
B250eは0-100km/h加速6.8秒、最高速度235km/h、EV走行時の最高速度140km/h、航続距離70~77km。

20190819 benz a b 06.jpg

EV走行のエレクトリックモードではハンドルのパドルシフトを使って、D Auto、D+、D、D-、D--の5段階の回生レベルが選択可能。
走行モードはコンフォート、エコ、スポーツモードにより、EV走行優先、複合走行、電気節約などが選択可能。

20190819 benz a b 07.jpg

価格は下記の通りとなる。
A250e:36,943.55ユーロ
A250e Saloon:37,300.55ユーロ
B250e:37,663.50ユーロ

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

「旨い鶏と旬の魚 南部どり」でチキン南蛮定食 [飲食]

この日のランチは大崎ブライトタワーの「旨い鶏と旬の魚 南部どり」へ。

20151030 南部どり 01.jpg

店舗には11:40頃到着。
この日は毎週月曜日の日替り定食のチキン南蛮定食をいただきたくやってきた。

20161107 南部どり 01.jpg

本日の日替り御膳はチキンカツ、日替り定食はチキン南蛮定食とある。
チキン南蛮定食はおよそ3ヵ月ぶりなので、これを玄米大盛でオーダー。
お茶を飲みながら待っていると、5分ほどで運ばれてきた。

20161107 南部どり 02.jpg

チキン南蛮定食(900円)
チキン南蛮、ひじきの小鉢、ご飯、みそ汁、漬物が並ぶ。

20161107 南部どり 03.jpg

チキン南蛮は5個。
いつもよりサイズが小さく少ない感じがする。

20161107 南部どり 04.jpg

タルタルソースをつけていただくが、この日のチキンはいつもよりジューシーさが足りない感じ。
それと玄米はいつもよりかなりかため。
かためのご飯が好きな私だが、それでもかなりかたいと感じる。
それでも十分おいしいのではあるが。

20161107 南部どり 05.jpg

チキン南蛮を2個いただいたところでご飯がなくなってしまったので、ご飯をおかわりする。

20161107 南部どり 06.jpg

おかわりしたご飯は白米で来るかと思っていたが玄米で、それと量も言わなかったのだが大盛で来た。
最初にオーダーした種類と量を憶えていたらしい。
思っていたよりもかなり量が多いので、チキン南蛮を3個残しておいてよかった。
さて2杯目の玄米はそれほどかたさを感じず、お腹の具合はちょうどいい感じで完食する。
この店では大盛2杯がちょうどいいと分かった。

【店メモ】
訪問日:2016/11/07(月)
店名:旨い鶏と旬の魚 南部どり 大崎店
住所:東京都品川区北品川5-6-1 大崎ブライトタワー2F
電話:03-5422-9501
営業時間:11:00~14:00 17:00~23:00
定休日:日祝


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

【海外】The new BMW 330e Sedan [車]

20190814 bmw 330e sedan 01.jpg

BMWは新型330e Sedanを発表した。

20181115 bmw 330e sedan 02.jpg

パワーユニットは2.0リッター直列4気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。
最高出力184ps/5000-6500rpm、最大トルク30.6kgm/1300-4000rpmを発生。
モーターは最高出力113ps/3170rpm、最大トルク27.0kgm/0-3170rpmを発生。
システム合計で最高出力292ps(エクストラブースト使用時)、最大トルク42.8kgmを発生。
0-100km/h加速5.9秒、最高速度230km/h、EV走行時の最高速度140km/h(E-Power走行時)、航続距離66km。
新採用のエクストラブースト機能は最大10秒間、モーターの出力を40ps向上させる。

20181115 bmw 330e sedan 03.jpg

トランスミッションはモーターと一体化された8速ステップトロニックトランスミッションを採用。

20181115 bmw 330e sedan 04.jpg

従来型と比較して容量が50%以上拡大した12.0kWhのリチウムイオンバッテリーは、リアシート下に配置。
燃料タンクをリアアクスル上に設定した影響で、ラゲッジスペースはわずかに制限された375L、40:20:40分割可倒式のリアシートを倒して拡大が可能。

20181115 bmw 330e sedan 05.jpg

モデルラインはAdvantage、Sport Line、Luxury Line、M Sportの4種類。

20181115 bmw 330e sedan 06.jpg

2020年夏には330e Touringがラインナップされるという。

*英字のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)