So-net無料ブログ作成

【国内】Audi R8の限定モデルを発表 [車]

20190824 audi r8  decennium 01.jpg

アウディジャパン株式会社は、R8の限定モデルとしてR8 Decenniumを発表した。

20190824 audi r8  decennium 02.jpg

Decenniumはラテン語に由来する言葉で「10年」を意味する。
2009年に5.2リッターV型10気筒エンジンを搭載した5.2 FSI quattroを追加し、R8のV10エンジンのヒストリーが始まった。
2016年に2世代目へとモデルチェンジし、Audi の市販モデルとして過去最高のパフォーマンスを発揮。

20190824 audi r8  decennium 03.jpg

パワーユニットは5.2リッターV型10気筒自然吸気エンジンを搭載。
最高出力620ps/8000rpm、最大トルク59.1kgm/6600rpmを発生。
トランスミッションは7速Sトロニックトランスミッション、電子制御油圧多板クラッチ式quattroフルタイム四輪駆動システムは運転状況に応じて駆動トルクを自動で分配し、極限の状況では前輪または後輪のいずれかへ100%のトルクを伝達することが可能。
低負荷時にはエンジンの片バンクを休止させるシリンダー オン デマンド(COD)を採用。
アクセルペダルをオフにしたときにはエンジンを駆動系から切り離すコースティングモードとあわせて優れた環境性能も両立する。
エクステリアはデイトナグレーマットエフェクトのボディカラーにハイグロスブラックスタイルパッケージ(グロスブラックのフロントスポイラー、サイドシル、ディフューザー等)、フロントフード上のフォーリングスのバッジもブラック仕上げ。
アルミホイールはマットブロンズの20インチで、インテークマニホールドも同様にマットブロンズカラーに彩られている。

20190824 audi r8  decennium 04.jpg

インテリアはDecenniumのロゴがセンターコンソールやドアなどに配されている。
グロスカーボンファイバー仕上げが施されたセンターコンソールのDecenniumのロゴは、アウディの特許による部分マット仕上げを特徴として、素材の表面に特殊な粉末を使用して、数千分の1ミリ単位で粗面化処理が施されている。
ダイナミックステアリング、電動調整機能付きファインナッパレザーダイヤモンドスティッチングスポーツシートや、デコラティブパネルグロスカーボン、アルカンターラヘッドライニング、550Wのアンプと13個のスピーカーによるBang & Olufsenサウンドシステムなどを装備する。

限定台数は全世界222台、国内10台。
価格は3091万円となる。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。