So-net無料ブログ作成

【海外】Ab sofort bestellbar: neues Cayenne S Coupe [車]

20190515 cayenne s coupe 01.jpg

PorscheはCayenne S Coupeを発表した。

20190515 cayenne s coupe 02.jpg

エクステリアはダイナミックなリアのルーフライン、固定式のリアスポイラーがクーペのシルエットを強調、傾斜したフロントウインドウとAピラーにより、Cayenneと比較してルーフエッジは約20mmダウン。
新設計のリアドアとフェンダーにより、リアは18mm拡大しよりシャープなプロポーションとなった。
固定式のリアスポイラーはポルシェアクティブエアロダイナミクス(PAA)の一部であるアダプティブリアスポイラーと合わせ採用。
PAAスポイラーは90km/h以上で135mmポップアップし、リアアクスルへの接地圧を高めてPAAが空力効率を改善する。
ルーフは2.16平米のパノラマガラスルーフを装備し、オプションでカーボンルーフが選択可能。

20190515 cayenne s coupe 03.jpg

スポーツクロノパッケージが標準となり、パワーステアリングプラス、20インチアロイホイール、サラウンドビューカメラ、パークアシスト、ポルシェアクティブサスペンションマネジメントシステム(PASM)を装備。

20190515 cayenne s coupe 04.jpg

パワーユニットは2.9リッターV型6気筒ツインターボエンジンを搭載。
最高出力440ps/5700-6600rpm、最大トルク56.1kgm/1800-5500rpmを発生。
トランスミッションは8速Tiptronic Sで、駆動方式はPorsche Traction Management(PTM)の四輪駆動。
0-100km/h加速5.0秒(ライトウェイトスポーツパッケージは4.9秒)、最高速度263km/h。
2つのターボチャージャーをV型シリンダーの中央に配置したコンパクトな設計で、車両の低重心化と横方向のダイナミクスも向上。
燃焼室とターボチャージャーの排気経路が短くなったことで、ナチュラルなエンジンレスポンスと俊敏な加速が可能になった。

*ドイツ語のプレス文なので翻訳ミスや一部日本仕様と異なる可能性がある点、ご了承いただきたい。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)