So-net無料ブログ作成

逗子散策 [散策]

およそ10ヶ月年ぶりの鷹取山散策。

20190119 逗子散策 01.jpg

逗子駅を12:40頃出発。

20190119 逗子散策 02.jpg

逗子駅から25分ほど歩き東逗子駅を通過。
踏切を渡り坂道を登っていく。

20190119 逗子散策 03.jpg

東逗子駅から3分ほど歩くと神武寺への表参道に到着。

20190119 逗子散策 04.jpg

表参道の石段を登っていく。

20190119 逗子散策 05.jpg

石段が終わり凝炭岩の路面に変わる。

20190119 逗子散策 06.jpg

そして凝炭岩を削り出して造られた石段を登っていく。

20190119 逗子散策 07.jpg

なかなか趣のある表参道。
この辺りは結構好きな感じ。

20190119 逗子散策 08.jpg

総門手前でこんぴらやぐらの道標を発見。
今まで気づかなかったが、いつからできたのだろう。

20190119 逗子散策 09.jpg

行ってみる。

20190119 逗子散策 10.jpg

1分ほど歩くと左右に広がるやぐらが見えてきた。

20190119 逗子散策 11.jpg

こちらは右側。
大きさは数10cmから1mほど。

20190119 逗子散策 12.jpg

こちらは左側だが、左側の方が大きめである。

20190119 逗子散策 13.jpg

左側の上には縦型のやぐらが見える。
目視で21ほどのやぐらが見られる。

20190119 逗子散策 14.jpg

こんぴら山やぐら群は1970年に逗子市の重要文化財に指定される。
大戦中にこんぴら山が軍用地となり、内部にあった石塔や納骨を寺に移したので内部には何も残っていない。
学術的な発掘調査記録もない。
やぐら内部からは骨容器、土器、写経石などが出土。
その中に中国から輸入された高さ18cmほどの緑釉の長頸瓶があり、この器形は珍しいという。

20190119 逗子散策 15.jpg

やぐらの先にルートが続いていたので行ってみる。

20190119 逗子散策 16.jpg

急坂を4~5分登るとピークに出る。

20190119 逗子散策 17.jpg

ピークは石切場跡がある。
そして右の方に下りのルートが続いている。

20190119 逗子散策 18.jpg

真っすぐ方向にも下りのルートが続いている。
行ってみたいがどこに出るか分からないので、一旦戻ることにした。

20190119 逗子散策 19.jpg

こんぴらやぐらまで戻ってきたのだが、途中の急坂の下りがかなり厳しかった。
滑りやすい土の上にどんぐりの実がたくさん落ちていて、まるでパチンコ玉の上を歩いているようでかなり危険。

20190119 逗子散策 20.jpg

元のルートに戻ってきた。

20190119 逗子散策 21.jpg

総門を通過。

20190119 逗子散策 22.jpg

本堂を目指す。

20190119 逗子散策 23.jpg

六地蔵手前を通過すると間もなく神武寺に到着。

20190119 逗子散策 24.jpg

楼門が見えてきた。

20190119 逗子散策 25.jpg

薬師堂に到着。
薬師堂の横にある登山道を進み、鷹取山に向かう。

20190119 逗子散策 26.jpg

神武寺が修験の場だったことなどが刻まれた石碑を通過。
かつては女人禁制だったらしい。

20190119 逗子散策 27.jpg

あちこちに大きな岩がゴロゴロしている。

20190119 逗子散策 28.jpg

あれ!? こんな広い場所あったかな。

20190119 逗子散策 29.jpg

下の方を見ると大量の土砂と樹木類が見える。
なるほど大規模崩落があり、広くなったのか。

20190119 逗子散策 30.jpg

ここを通過すれば到着。

20190119 逗子散策 31.jpg

そして13:54頃、鷹取山公園に到着。

20190119 逗子散策 32.jpg

この日は天気よく、追浜方面の眺めもいい。
さてこの後は磨崖仏方面に向かう。

20190119 逗子散策 33.jpg

今まで気づかなかったが、途中やぐららしきものが見える。

20190119 逗子散策 34.jpg

磨崖仏前には団体さんがいた。
集合写真を撮影してあげて、すぐに戻ることにする。

20190119 逗子散策 35.jpg

鷹取山公園に戻ってきた。

20190119 逗子散策 36.jpg

特に疲れていないので、休憩なしで先に進む。

20190119 逗子散策 37.jpg

さてこの日の最高気温は12度前後でポカポカ陽気。
天気も良く気持ちいい。

20190119 逗子散策 38.jpg

神武寺の楼門まで戻ってきた。

20190119 逗子散策 39.jpg

いつもはこの分岐を右に進み京急神武寺駅方面の裏参道に進むのだが、この日は直進する。

20190119 逗子散策 40.jpg

往路で気になったこんぴらやぐら先のルートを進んでみる。

20190119 逗子散策 41.jpg

急坂を登り、石切場跡に到着。

20190119 逗子散策 42.jpg

ここを下っていく。
さてどこかに繋がってるのだろうか。

20190119 逗子散策 43.jpg

この辺りも石切場跡らしい。

20190119 逗子散策 44.jpg

なんとかルートは繋がっている。

20190119 逗子散策 45.jpg

左の方に住宅街が見えてきた。

20190119 逗子散策 46.jpg

おや、何かあるぞ。

20190119 逗子散策 47.jpg

石が積んであって、一番上の三角岩には何かが彫ってある。
これは何なのか周囲を見渡すが、ヒントになるようなものはなかった。

20190119 逗子散策 48.jpg

その先には立派な石段が積んである。
やはり石積みには何か意味があるのだろう。

20190119 逗子散策 49.jpg

かなりの急坂を下っていく。

20190119 逗子散策 50.jpg

右側の展望が開ける。

20190119 逗子散策 51.jpg

再び急な下りが続いている。

20190119 逗子散策 52.jpg

10分ほど下ったところで、右側に学校らしい施設が見えてきた。

20190119 逗子散策 53.jpg

そろそろ出口らしい。

20190119 逗子散策 54.jpg

広場に出た。
奥に団地がある。
ここはどこ??
広場にいた少年たちに聞いてみる。
学校らしき施設は池子小学校で、合わせて駅への道も教えてもらった。

20190119 逗子散策 55.jpg

まずは神武寺駅を目指す。

20190119 逗子散策 57.jpg

205号線を経由して逗子駅に向かう。

20190119 逗子散策 58.jpg

そして15:30頃、逗子駅に到着。
新しいルートを見つけられて、楽しい散策であった。

【散策メモ】
2019年01月19日(土)
逗子駅~こんぴらやぐら~神武寺~鷹取山~磨崖仏~鷹取山~神武寺~こんぴらやぐら~逗子駅
歩数:21,010歩
歩行距離:13,657m
歩行時間:2時間59分
消費カロリー:533.5kcal


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)